ウルトラマンパワード サウンド大百科

●ウルトラマンパワード サウンド大百科

ウルトラマンパワードは、登場する怪獣のリアルな生物感が溢れるカッコよさや秀逸な造形美を誇る戦闘機(ストライクビートルやスカイハンター)など、今でも根強いファンが多い作品としても知られております。その中でも、劇中で流れるBGMは壮大で耳に残る音楽が多い事も特徴です。
今回のCDは、オープニング曲とエンディング曲から劇中BGMまでを収録した一枚となっております。また、ウルトラマンパワードとw・i・n・r(ウィナー)隊員のロゴステッカーが1枚付属しています。
小ネタとして、こちらの「サウンド大百科」には、パッケージが2種類存在しております。今回ご紹介している「ケンイチ・カイ」と「ジュリー・ヤング」の2名の隊員が掲載されているタイプが初版、2名の写真が「パワードVSゴモラ・レッドキング」に変更されているタイプが2期となります。

バンダイ ヒッポリト星人 1983 ソフビ 初版

●バンダイ ヒッポリト星人 1983 ソフビ 初版

今回は「ウルトラ怪獣シリーズ」よりヒッポリト星人をご紹介します。
こちらのソフビは、1983年にバンダイさんより発売された最初期のタイプとなります。ソフビの材質は硬質となっており、成型色は"茶色"です。ソフビに付属しているタグも「紙」ではなく、プラスチック(通称プラタグ)製のタグとなっております。

トイストーリー トイストーリーコレクション ウッディ Thinkway Toy

●トイストーリー トイストーリーコレクション ウッディ Thinkway Toy

令和4年の現在においても映画「トイストーリー」の劇中に登場するおもちゃ達を等身大で忠実に再現した物は、こちらの「トイストーリーコレクション」シリーズやメディコムトイ社製の「ウッディ」などしか存在せず、市場で発売されたおもちゃの数はとても少ないです。

こちらのシリーズには「ミスターポテトヘッド」「RCバギー」「ジェシー」「レックス」「ロッツォ」「エイリアン」などなど多彩なキャラクターのおもちゃが発売されました。ウッデイやバズライトイヤー、ジェシーなどは、今でも数多くのおもちゃが出ておりますが、その他のキャラクターが劇中仕様(トーキングボイスが俳優の唐沢さんと所さんになっており、その他のキャラクターも劇中の声優さんのボイスが収録されています。また、外箱も非常に凝ったデザインなのもポイントです)でおもちゃとして実際に発売されることは極めて珍しいです。その為、現在ではこれらのシリーズのおもちゃは軒並み高騰しており、中古市場価格も定価の5~6倍程に跳ね上がっております。あまりの人気の為、海外では「Toy Story Signature Collection(シグネチャーコレクション)」と呼ばれる再販品や「トイストーリー2」に登場した「ブルーベルトバズライトイヤー」が発売されたりもしました。
トイストーリー3が公開された時には「トイストーリーコレクション」の最新版or再販を希望していたのですが願いかなわず、ボーピープやカブーンなどの一部キャラクターのみが玩具化されました。今からでも遅くないので、是非ともタカラトミーさんには、Thinkway Toysさんと新トイストーリーコレクションを発売していただきたいものです。

妖怪ウォッチ グリコ グリコは、ともだちニャン キャンペーン

●妖怪ウォッチ グリコ グリコは、ともだちニャン キャンペーン

こちらの特製グリコボックスは「グリコは、ともだちニャン キャンペーン」にて、当選者に配布された当選品となります。Aコースがこちらの特製グリコボックス(100名)、Bコースが「妖怪デザイナー」(300名)Wチャンス賞として2000名に「ジバニャンのお菓子詰め合わせボックス」が配布されるキャンペーンでした。

(ボックスの中には「DX妖怪ウォッチ」と未開封の妖怪メダル、当選通知書が入っていました。)
こちらのキャンペーンが実施された時期(2014年12月〜2015年2月)は、世間でも非常に妖怪ウォッチの人気が爆発していた時期であり、DX妖怪ウォッチは入手が極めて難しい玩具でした。また、DX玩具のみならず「妖怪メダル」やその他の妖怪ウォッチ関連の玩具類は、どこに行っても品切れが相次ぎ、「第二のポケモン」とまでマスコミから呼ばれていたほどでした。その為、こちらのキャンペーンもかなりの応募が殺到したようです。実際にスーパーやコンビニで今回のキャンペーン(対象商品のバーコード3枚1口で応募出来ました)の対象商品である妖怪ウォッチとのコラボ食品(「ジャイアントポッキー」「プリッツ」「ジャイアントカプリコ」「プッチンプリン」「コロン」)は入荷と同時に店頭の棚から姿を消しており、キャンペーンは実施されているが、キャンペーンに参加出来ない状態でした。

プリンのプリン風味プリンパン 第一パン ポケモンパン

●プリンのプリン風味プリンパン 第一パン ポケモンパン

こちらのパンは『これぞポケモンパン!』と言えるネーミングセンスとポケモンのモチーフをパンに上手く落とし込んだポケモンパンらしさの詰まったパンであると思います。近年では比較的見かけることが少なくなったタイプのポケモンパンですが、こちらのパンの様に原点回帰をしたような「ポケモン×パン」が上手く融合した商品が発売されるとノスタルジーに浸れます。(蒸しパンシリーズではなく、こちらの様なポケモンパンを通年発売していただきたいと感じます)

マスクド・ピカチュウのミルク風味メロンパン 第一パン ポケモンパン

●マスクド・ピカチュウのミルク風味メロンパン 第一パン ポケモンパン

ポケモンパンの中でもメジャーなパンである、メロンパンも「通常」「チョコチップ」そして「ミルク風味」が新たに登場し、味のバリエーションが増えました。しかし、大きさは一回りほど小さいままであり、売価も20円ほど高騰したままです。
パッケージに描かれているマスクド・ピカチュウは、スマートフォンアプリの「ポケモンGO」にも対戦モードの報酬として登場した事から、2022年現在においてもその姿を拝むことが出来ます。

ウルトラマン 大図鑑 上巻 下巻 怪獣消しゴム バンダイ 1996

●ウルトラマン 大図鑑 上巻 下巻 怪獣消しゴム バンダイ 1996


※こちらの商品を「未裁断品」などと記載し、社内関係者を装った流出品としてフリマサイトやオークションサイトなどで販売している方がいらっしゃいます。これから怪獣消しゴムやウルトラマン消しゴムを収集される方は注意して下さい。

(消しゴムフィギュア36体とブロマイドカードがセットなっておりました)
今回ご紹介しております〇〇図鑑の様な形式の玩具は、今でこそ見かける機会は少なくなりましたが、かつては「ポケモン」や「デジモン」などでも同形式にて発売されており、90年代ではメジャーなフィギュアセット販売形式でした。セット形式の為、怪獣消しゴムとウルトラマン消しゴムが36体も封入されており、封入されているキャラクター全てのデータが箱の裏側に記載されています。
ネットなどが普及していない発売当時(96年)では、実際に立体物としてフィギュアを手に取り、キャラクターの詳細や劇中写真などを照らし合わせながら怪獣とウルトラマンを学ぶ事ができる子供達にとっては夢の様な玩具でした。

ポケットモンスター ポケモン おやさいスナック 東鳩

●ポケットモンスター ポケモン おやさいスナック 東鳩

こちらのスナックは、かつて東鳩さんより発売されていた野菜味のスナック菓子です。
東鳩さんより現在(2022年)も発売されているチョコビタイプの「ポケモンスナック チョコレート」とは異なりますが、オマケのシールは同じ物が封入されておりました

トイストーリー びっくりウッディ テレフォンクイズラリー

●トイストーリー びっくりウッディ テレフォンクイズラリー


(ウッディの表情やボタン、バックル、ホルスターなどの造形も秀逸であり、塗装も細かいです)


(背面も造形や塗装がとても丁寧にされております)

こちらの玩具は「トイストーリー2」放映期に開催された「トイストーリー テレフォンクイズラリー」にて配布された「びっくりウッディ」という玩具です。
玩具は音や声などに反応すると『カシャッ』と音を立ててトイモード(劇中の様にパタッと崩れ落ちる感じ)になります。そしてしばらくすると、また画像の様に立ち上がります。非常によくできた玩具で、ギミックも素晴らしいです。こちらは他にも「バズ・ライトイヤー」も存在しており、同キャンペーンにて配布されました。

 

ポケモンパン ポケモン ハードロック ピカチュウ のピザパン 第一パン

●ポケモンパン ポケモン ハードロック ピカチュウ のピザパン 第一パン

歴代ポケモンパンシリーズの惣菜パンの中でも「ピザパン」は少し珍しく、年に数回程しか発売されないレアなパンです。
今回のパンは、ハードロックピカチュウのイメージに合わせたパンを考慮した結果、ポケモンパンの中でも少し尖った「ピザパン」が選出されたのでしょうか。