ポケットモンスター 明治 チョコスナック ポケモン

●ポケットモンスター 明治 チョコスナック ポケモン

本日はこちらの「ポケットモンスター チョコスナック」をご紹介します。
明治さんより発売されたこちらの食玩は、見る角度によって絵柄が変わる「チェンジシール」がオマケで封入されておりました。発売当時は、こちらのシールを名札の裏に貼りつけて、学校で友人らと見せ合う謎イベントが私の周りでは流行りました。学校におもちゃは持ち込めない為、文具や身の回りの物に貼り付けて学校へ持っていけるシールは、子供たちに重宝されました。
こちらのシールもポケモンパンのデコキャラシールも学校に持っていける事が、他のおもちゃと異なり子供ウケが良かったポイントの1つかも知れませんね。

ドラゴンボール 超戦士シールスナック バンダイ

●ドラゴンボール 超戦士シールスナック バンダイ

現在、超戦士シールはスナックではなくウエハースのオマケとして付属しておりますが、かつては120円のスナック菓子のオマケとして付属されておりました。
この頃はレアリティも統一されており、全てがキラ仕様のノーマルシールのみでした。
スナックタイプでの発売は、その後もこちらと次の弾まで採用されたのですが、その後は現在まで一貫してウエハースタイプにて発売されております。

遊戯王 デュエルモンスターズ ウェファーチョコ 森永製菓

●遊戯王 デュエルモンスターズ ウェファーチョコ 森永製菓

こちらは、遊戯王のウェファーチョコの中でも最後に発売されたvol5.となります。この頃になると、お菓子売り場でも売れ残っている光景が目につく様になり、ブームも若干下火になっていた頃でした。しかし、こちらの食玩は発売時、非常に人気のある食玩でした。その為、今でも初期のvol1から3までに収録されたシールは、数もそれなりに出回っております。前半弾のシールの入手は容易なのですが、後期のシールは数も少なく入手も難しいです。ですが、ウェファーチョコが発売されていた同時期の遊戯王のレアカードなどと比較すると、入手難易度は格段に低く、プレ値もそこまで高額ではありません。(高くても1枚1000円前後です)
今では一通り初期の遊戯王カードを収集し終えたコレクターの方が、次に収集するアイテムとして、こちらのシリーズを選ばれる方が多い感じです。実際、シールよりも未開封のパッケージやブリキ缶などで発売された、未開封の特別版の入手が1番の最難関アイテムと言われております。特に持ち手の付いた缶タイプで発売された特別版の完品は、ほぼ市場には出てこない幻の遊戯王アイテムです。
※当方の所持しているチョコは見本品の為、JANコードの部分に「見本品」と記載されております。

ポケモンキッズ リザードン 赤箱

●ポケモンキッズ リザードン 赤箱

こちらは、今日まで続くポケモンキッズの一番最初に発売された記念すべき初代ポケモンキッズとなります。ゲームボーイを模したパッケージデザインとリザードンの公式絵を見るだけで、今でもワクワクします。
この当時は今のオープンパッケージとは異なり、クローズドパッケージ(購入して開封しなければ中身が分からない仕様)にて発売されておりました。その為、お菓子売り場では子供達が希望のポケモン欲しさにパッケージを開けて中身を確認する事案が多発し、ボロボロになったポケモンキッズを売り場でよく見かけました。
ポケモンキッズは、こちらの未開封箱やソフビ指人形単体も一部を除いて、大幅なプレ値は現状ついておりません。ポケモンキッズは比較的安価で収集が出来る環境が整っている為、これからポケモングッズを収集しようと検討されている方にもオススメのシリーズです。

遊戯王 フライングマスコット 森永製菓

● 遊戯王 フライングマスコット 森永製菓

今回はテレビ東京版遊戯王における食玩の中でも、ウエハースの次にメジャーであった「フライングマスコット」をご紹介します。
こちらは一昔前の食玩では当たり前の形式であった、上箱に「玩具」下箱に「チョコスナック」という当時ではスタンダードな形式で発売されました。(因みに未開封で保存をする場合には、チョコスナックの保存に気を配らないと画像の様な悲惨な状況になってしまいます。なるべく高温多湿を避け、冷蔵庫での保管をおすすめします。)
おまけのフライングマスコットは全12種類ありました。食玩の割に造形も良く出来ており、台座まで付属しておりました。こちらの食玩に対する森永製菓さんの気合の入り具合が見て取れます。しかしながら、マスコットも台座も無塗装である為、いまいち迫力に欠ける所があり、手に取ってじっくりと見なければ細部の造形が分かりにくい欠点がありました。無塗装ならではの重厚感が好きである層と全塗装のリアリティを求める層とで、評価が分かれる食玩であると思います。

ファミコンチョコ ロッテ パルテナの鏡 女神パルテナ

●ファミコンチョコ ロッテ パルテナの鏡 女神パルテナ

大乱闘スマッシュブラザーズにおいて、女神パルテナが登場したことにより、かねてより切望されていたパルテナの立体物であるamiiboが2015年に遂に発売されました。これにより、今回ご紹介しているそれまでの唯一の立体物であったファミコンチョコ版のパルテナのフィギュアにもスポットが当たるかなと思いきや、全くと言っていい程当たりませんでした…笑
ファミコンチョコ版のパルテナの消しゴムフィギュアは、彩色版や付属アイテム、成形色のカラーバリエーションなど数多くの違いがあります。その為、現代技術で作られた精巧なamiiboフィギュアよりも、格段に奥が深く、パルテナファンにとってこちらを全て収集する事は1つの目標でもあります。
今回、私の所持している金色の成形色の女神パルテナの消しゴムフィギュアは、付属アイテムも欠品しており、外箱などもありません。この状態であれば、今でも比較的安価で購入出来ます。いつかは完品のファミコンチョコ版のパルテナとamiiboのパルテナを並べてみたいです。

ロッテ ファミコンチョコ 光るファミコンモデル 消しごむ マリオ&ルイージ&ピーチ姫

●ロッテ ファミコンチョコ 光るファミコンモデル 消しごむ

ファミコンチョコの光るファミコンモデルより「マリオ&ルイージ&ピーチ姫」の消しゴムをご紹介します。
この頃のマリオとルイージには、現在の様にしっかりと区別を付けた描き方がされておりませんでした。その為、帽子のマークと色でマリオであるのかルイージであるのか判別を行っておりました。
一見するとこちらのフィギュアも帽子のマークや体色などが分かりづらく、見分けが難しいのですが、パッと見でも兄弟間の区別がついてしまいます。その判別ポイントは、アイテムの所持の有無です。マリオの手には主人公らしくスーパーキノコがしっかりと握られているのに対して、ルイージの手にはアイテムなし…(せめてファイアフラワーくらい持たせてくれてもいいのでは?)やはりマリオは、ルイージと比較してもどこかしら優遇されておりますね。
この頃から兄弟間の格差が垣間見えるとは恐れ入りました。

ドラゴンボール ミニフィギュアセレクション バンダイ

●ドラゴンボール ミニフィギュアセレクション バンダイ

こちらのフィギュアは、2003年頃よりバンダイさんから発売された「ドラゴンボールミニフィギュアセレクション」になります。発売時は結構人気があり、食玩売り場でもよく売れていた印象があります。
箱ではなく袋入りで発売されており、フィギュア1つとミニブック1枚とラムネ菓子が封入され、お値段150円程であったとおもいます。フィギュアの中にはシークレットもあり、通常のフィギュアとは異なる彩色されたフィギュアがラインナップされておりました。
こちらのフィギュアシリーズ、発売時はそこそこ人気があったのですが、現在では発売時程の人気はありません。今でもフルコンプリート品やシークレットフィギュアが容易に入手出来ます。最近では塗装練習用にこちらのフィギュアが一時期、注目を浴びたりもしておりました。フィギュアの作りも精巧であり無彩色な為、プラモデルやフィギュアの塗装の練習用には最適である事は間違いないです。

ポケモンパン ポケモンミニ蒸しケーキチョコ 第一パン

● ポケモンパン ポケモンミニ蒸しケーキチョコ 第一パン

こちらのパンはサンムーン期に発売されていた、ピカチュウが表紙を飾ったタイプのミニ蒸しケーキパンになります。
現行の発売されているミニ蒸しケーキチョコパンと何も変わらず、これと言った特徴がありませんでした。

ポケモンスナック 東鳩 ミルク味

●ポケモンスナック 東鳩 ミルク味

こちらは東鳩さんより、今でも発売されているポケモンスナックになります。今回ご紹介しているタイプは、ピカチュウの背景がマスターボールとなっており、通常のチョコ味からミルク味へと変更されているタイプとなります。
この頃のポケモンスナックではオマケのシールが、ノーマルシールとプリズムシールのどちらかが当たる仕様になっておりました。
今ではプリズムシールが封入されていない仕様に改悪されており、ワクワク感が減ってしまったことが残念です。(2020年12月現在、ホームページ上のシール一覧にもプリズムシールが掲載されておりません。)プリズムシールの復活を強く希望しておりますが、原材料の高騰や経費の側面から見ると、やや難しいのかもしれませんね。