遊☆戯☆王 メタルキャッチ メタルカン バンダイ

●遊☆戯☆王 メタルキャッチ メタルカン バンダイ

今回ご紹介している遊戯王のメタルカンシリーズの玩具は、20年ほど前によく玩具屋に通っていた経験を持つ方ならば、誰しもが一度は目にした事がある玩具ではないでしょうか。何故、一度は見た事があるのではと話したかと言うと、実はこちらの商品…発売当初から全く売れておりませんでした。それは、当時6〜7歳程の子供であった私ですら『コレはいらないなぁ』と感じたほどです。
こちらの玩具は、よくレジ前や遊戯王カードを置いてある棚付近に他のトレーディングカード類と混ざってドカッと積まれておりました。その為、遊戯王カードはかなりの勢いで売れていく反面、どうしてもこちらのメタルカンが山積みになっている光景が目に留まりました。同じ様に、一向に売れる気配が感じられないまま放置されていた光景は、当時至る所の玩具店で目にしておりました。(今回、掲載している画像の物も2005年ごろのハローマックさんの閉店セールにて50円程で叩き売られていた物です)
何故あまり子供達に注目されなかったのかと言うと、遊戯王カードと比較して単純に初期投資が高く子供達には敷居が高い商品であったからだと思います。遊ぶためには1800円のスターターセットを購入しなければならず、メタルカンを増やす為には、1パック300円のブースターを買わなければなりませんでした。一応、他のメタルカンシリーズ(デジモン)と互換性はあったのですが、私の周りでは誰も遊んでいおりませんでした。
また、スターターを購入していざ遊び始めてもメタルカンのイラストに向かって磁石の塊をぶつける仕様の為、どうしてもメタルカンのイラストが剥がれたり傷が付いたりしてしまうなどの問題も起こりました。合わせてメタルカンは、単体で遊ぶ事ができなかった点も子供達が食い付かなかった要因の1つに挙げられるかと思います。
現在では、東映遊戯王時代の玩具の相場が上昇している波に乗る形で、こちらのメタルカンもそこそこの値段で取引されている光景を目にします。無駄に132種類もある為、コンプリートは至難の業と言えます。叩き売られていた際に、まとめて購入しておけば良かったと後悔している玩具です。

デジモンペンデュラム ディープセイバーズ デジタルモンスター  バンダイ

●デジモンペンデュラム ディープセイバーズ デジタルモンスター  バンダイ

こちらは、デジモンペンデュラムシリーズ第1弾の「ネイチャースピリッツ」が発売された2ヶ月後に発売された、ペンデュラムシリーズ第2弾となります。発売当時は、こちらとネイチャースピリッツを所持している子供が多かった印象があります。
当時は、放課後に公園や友人宅にてデジモンをバトルさせる事が子供達の遊びの中に自然と根付いておりました。その為「日夜バトルに勝つにはどの様にしたら良いのか?」を子供達は真剣に日夜考えていました。しかし、こちらを含むペンデュラムシリーズが発売された事によって、デジモン対戦環境は大きく変わりました。それは何故かというと『ペンデュラムは強すぎる』問題が発生した為です。ペンデュラムシリーズの発売前までの対戦では、初代デジモン同士の対戦がデフォでした。しかしペンデュラムシリーズ発売以降は、デジヴァイスシリーズやデジバトシリーズなど様々なデジモン携帯機が発売されました。その後続シリーズに対して、初代デジモンはめちゃくちゃ弱かったのです。もう本当に言葉が出ないくらい弱く、どれくらい弱かったのかと言うと「完全体がペンデュラムの成長期に負ける」事もよくある程でした。
ペンデュラムは振り子機能の搭載や新たなバトルシステムと育成システムの確立など、デジモン携帯機の歴史上でも今日までのデジモン携帯機のスタンスを確立させた記念碑的な作品であったと感じます。ただ、対戦機能のパワーバランスのみ、もう少し考えて発売して欲しかったなぁと感じます。

デジモンアドベンチャー デジヴァイス グレイモンカラー 八神太一 デジモン 

●デジモンアドベンチャー デジヴァイス グレイモンカラー 八神太一 デジモン

今回ご紹介しております「デジヴァイス」は.後に復刻されたver.15等とは異なり、1999年発売当時のデジヴァイスとなります。
発売当時こちらの「グレイモンカラー」の他に「ガルルモンカラー」「ヒカリカラー」「ノーマルカラー」の計4色が発売されました。4色それぞれの本体カラーは違えど、デジヴァイス本体には共通してクリア素材が使われておりました。この時期は、ゲームボーイや他の電子玩具にもクリアカラーを採用して発売された玩具が非常に多かった印象です。
こちらは長い間復刻される事がなく、ver.15が発売されるまでプレ値が長期間付いておりました。箱・説明書付きで3万円〜5万円程、本体のみでも1万円は軽く超えておりました。今では毎年の様にデジヴァイスが発売され、それに合わせる様にこちらの初代デジヴァイスの相場も下がっております。しかし下がったとは言え、まだまだ箱・説明書付きで1万円を軽く超えて取引されている事からも、こちらの初代デジヴァイスの人気が伺えます。
デジモンは電子玩具の為、近年では歩数機能や液晶が経年劣化により正常に作動、表示されていない本体もかなり目立ってきました。こちらの初代デジヴァイスの購入を検討されている方は、歩数機能の確認と液晶ドット欠けなどをよく確認してからの購入をお勧めします。
(ヒカリカラーとノーマルカラーは復刻がされていない為、他の2つよりも高額で取引されております。)

デジタルモンスター  デジモン シールダス バンダイ

●デジタルモンスター  デジモン シールダス バンダイ

今回ご紹介するデジモンシールは、発売当初アマダさんのポケモンシール烈伝の対抗馬的存在としてバンダイさんより発売されました。
パッケージに記載されている「全151種」などの文言は、流石に今の目で見てもやりすぎ感があります。この時代の子供達は、デジモンはデジモンの良さがあり、ポケモンはポケモンの良さがある事を自然と認識しており、両コンテンツを区別していた感じがします。しかしながら、生みの親である会社の公式商品で「151種」と煽っては、子供達も『ポケモンのパクリやん』と嫌でも感じてしまいます。この当時の151という数字は、子供達にポケモンを連想させるには充分過ぎるほどの力がありました。(ただでさえデジモンはポケモンの後発ブランドであり、縮めて○○モンって呼び名になるのに…)
アマダさんは、ポケモンの他にもデジモンアドベンチャーのアニメイラストを使用したシールを当時は発売していた為、こちらの商品は公式絵を用いたダークな雰囲気のデジモンシールとして、アマダさんの物ときちんと棲み分けできていたのですが…。いかんせんバンダイさんのやる気が感じ取れない、中途半端なデジモングッズになってしまった感が否めません。
ポケモンシール烈伝があれ程までに流行った要因は、ポケモンカードやその他のポケモン紙物玩具と比較して安価で大量のシールが手に入る事とポケモン図鑑を埋めていくゲーム内の擬似的体験が出来る部分が大きかったと感じます。一方、デジモンというコンテンツには図鑑という概念がなく、より強いモンスターを「育成」し「対戦」するという概念が1番の命題でした。その為、「対戦」要素もなくただ単に公式絵をペタッと貼り付けただけのこちらのシールは、発売時から子供達に見向きもされておりませんでした。後に大量にリサイクルショップやフリマにおいて未開封でゴロゴロ発見された例を見ると、相当売れなかったのだと思います。そりゃそうだよなぁ

KING OF THE HERO ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマン ウルトラ怪獣 1988 バンダイ

● KING OF THE HERO ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマン ウルトラ怪獣 1988 バンダイ

箱入りウルトラヒーローシリーズのソフビは、今でもちょくちょく見かけますが、こちらの「ウルトラ怪獣シリーズ」の箱入りソフビ人形は、めっきり見かけなくなりました。今回ご紹介している、ウルトラ怪獣シリーズは後に発売されるソフビ人形と細部の彩色や大きさなどが若干異なっており、付属しているカードはイラストや仕様が異なっておりました。
現行の500シリーズも良いですが、やはりウルトラヒーローシリーズで育った我々世代には、この大きさのソフビ人形がしっくりきますね。このサイズでもう一度、店頭にて発売して欲しいです。(近年はプレバンにて、当時リリースされていない未発売怪獣が復刻されましたが、あまりにも値段が高すぎです。5000円て…笑)

ウルトラマンティガ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン01 バンダイ

● ウルトラマンティガ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン01 バンダイ

ウルトラマンティガのアルティメットルミナスは、今回ご紹介している「マルチタイプ」の他に「パワータイプ」「スカイタイプ」が発売されております。他の平成ウルトラシリーズのウルトラマンは、アルティメットルミナスシリーズにて発売すらされていないキャラクターも数多く居る為、他の平成シリーズ作品と比較してもかなり優遇されております。
こちらのフィギュアのティガは、握り拳と平らな手を掲げたティガ独特のファイティングポーズもしっかり決まっており、造形も申し分のない出来栄えです。また、付属の専用台座パーツを使用しなくてもきちんと自立します。一方、塗装にややムラがある個体が散見されます。(特に塗料の飛び写りが多いです。)造形が素晴らしいのに非常に勿体ないなぁとつくづく思います。

 

ウルトラマン Cタイプ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン07 バンダイ

● ウルトラマン Cタイプ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン07 バンダイ

ウルトラマンアルティメットルミナス07より、Cタイプのウルトラマンのご紹介です。今までのHGシリーズフィギュアと比べて、目とカラータイマーが発光するアルティメットルミナスシリーズは迫力があり、非常に高級感があります。
こちらの07弾には、この他に「ウルトラマンジョーニアス」や「ウルトラマンマックス」がラインナップされておりました。台紙にはこちらのCタイプウルトラマンが大きく掲載されておりましたが、どちらかと言えばウルトラマンジョーニアス目的でガチャポンを回した方が多かった様な気がします。昭和のウルトラマンは、近年のウルトラマンとは異なり、一目見て『あっ!ウルトラマンだ』とわかるデザインやフォルムを有している為、謎の安心感があります。

ゲッター1 バンダイ プラモデル

●ゲッター1 バンダイ プラモデル

こちらは1999年に復刻されたボックスではなく、1974年発売当時(当時売価900円)のオリジナルボックスになります。当時品と復刻品との見分け方は、バンダイロゴの違いやJANコードの有無などによって見分けられます。
当時品にはモーター動力による歩行ギミックがあったのですが、復刻品はそれらのギミックがオミットされてしまいました。
今でも復刻品は、リサイクルショップや古い模型店にて見かける事も多く、ゲッターロボ以外のマジンガーなどもちらほら見かけます。いつかは復刻品にモーターを組み込み、歩かせてみたいものです。

忍者戦隊カクレンジャー  超合金 バンダイ ニンジャホワイト ニンジャレッド ニンジャブルー ニンジャイエロー

●忍者戦隊カクレンジャー  超合金 バンダイ ニンジャホワイト 忍者レッド ニンジャブルー ニンジャイエロー

忍者戦隊カクレンジャーは、私が初めて見た戦隊シリーズと言うこともあり、非常に思い出深い作品です。特にニンジャブラックを演じられていたケインコスギさんは、ウルトラマンパワードにもご出演されていた為、私にとって今でも最高のヒーローです。(肝心のニンジャブラックのみありませんが…笑 )
今回ご紹介しているカクレンジャーの超合金は、94年に当時売価1000円にて発売されました。パッケージには、メイドインジャパンの文字がしっかりと印字されております。中身は超合金フィギュアとシール、そして「カクレマル」と「カクレイザー」の2種の武器が同梱されて発売されました。しかし、私の所持している個体はどれも武器を無くしております…。改めて買い直そうと考えているのですが、意外と完品を見かける機会が少ないです。武器だけでも欲しいと考えているのですが、中々入手できる機会に恵まれておりません。
近年、こちらを含め90年代の戦隊モノ玩具もリサイクルショップや中古玩具ショップにて、年々見かける機会が減ってきました。見かけてもショーケースにプレ値で陳列されている場合が殆どです。まだまだ、この時期の玩具は売価が安定していない感じがあり、店舗において売価がバラバラな店舗が多いです。一方、オークションサイトやフリマサイトの方が価格が安定しており、意外と良心的な値段で販売している場合が多いです。90年代のスーパー戦隊トイを購入される際には、色々なショップやサイトを見極めてからの購入をお勧めします。

ウルトラマン80 ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン08 バンダイ

●ウルトラマン80 ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン08 バンダイ

今回は、ウルトラマン80のアルティメットルミナスをご紹介します。
パート08では80の他に「ウルトラマンゾフィー」がラインナップされておりました。今回のパート08では、私の大好きな昭和ウルトラマンが2体ラインナップされていた為、どちらが当たっても非常に満足できる弾でした。
ウルトラマンアルティメットルミナスシリーズは、1回500円というガチャでは高額な値段帯です。更にルミナスユニットのビルやマンションがラインナップに含まれており、かつウルトラマンのアソートは毎回2体というある意味かなりの極悪設定です。しかしながら、ゾフィーと80がどちらも好きな私にとって今回のパート08は、ウルトラマンフィギュアならどちらが当たっても素直に喜べる為、いつもの弾より前向きな気持ちでガシャポンを回せました。(結局80が出るまで2500円かかりましたが…笑)