ウルトラマン 不二家 ウルトラ怪獣 カードボーイ

●ウルトラマン 不二家 ウルトラ怪獣 カードボーイ

今回は前回ご紹介した「バトル戦士」シリーズではなく「カードボーイ」シリーズをご紹介します。カードボーイは上段に玩具、下段にお菓子が封入されておりました。今ではこの様な販売形態を有している食玩は見かける事がないですが、この時代ではスタンダードな食玩の販売形態でした。(6年ほど前にバンダイさんより「破幻のジスタチョコ」シリーズが「チョコスナック」+「玩具」スタイルで久しぶりに発売されておりました。)
当時売価は、画像の様に115円前後であった様です。チョコスナックもぎっしりと袋に詰まっており、オマケも付いて115円はとても良心的だと思います。
オマケのカードボーイは、箱の裏面に詳しい遊び方が記載されておりました。ゲーム内容は、タイムアタック制のゲームでした。ゴールした時間に応じて、得点が高くなり、プレイヤーがラスボス怪獣との対決を行うといった内容で、非常に凝った作りでした。

(パッケージ背面には、ゲームの遊び方や新システムについての説明書きがキチンと掲載されておりました)

不二家さんのこちらの食玩に対する、本気度が垣間見えます。玩具は『相手が子供である為、子供騙し的な玩具を製作しておけば良い』などの短絡的な感情が製作者側に少しでもあると、子供もその玩具を手にした際に『子供騙しだな』と薄々感づいてしまうものです。この感情を子供に1度でも持たれてしまうと、子供は2度とその玩具を手にする事は無いと思います。しかし、この食玩の様に本気で子供達を楽しませようと大人達が必死になって子供達に向き合いながら製作し、食玩と言う限られた予算の中でも、出来る限り色々と詰め込み、制作して頂いた玩具に対しては、子供達も自然とその情熱を理解し、その玩具にのめりこんでいくものだと思います。現に、こちらのカードボーイシリーズは「カードボーイⅡ」が発売され、派生商品のバトル戦士なども発売されるほどに大人気となりました。

(カードボーイⅡは、各部にジョイントシステムに対応した突起が付いておりました)

第1弾のタイプは、本体の各部に他のカードと繋がる為のジョイント部が付いておらず1枚のカードボーイでゲームが完結しておりました。しかし、2弾のカードボーイは、他のカードボーイと繋げる事が出来ました。(ジョイントシステムと呼ばれていました)これにより、1弾のカードボーイと比較して、より一層大きなステージを遊ぶ事が可能になりました。
ジョイントシステムの採用やワープゾーンの設置、背面ポイントの見直しなど、売れたからただ単に少し手を加えて第2弾を発売するのではなく、より子供達が楽しめる工夫を施し、進化させて発売した事などが随所に見て取れます。90年代のウルトラ食玩の中でも、トップクラスに出来の良い素晴らしい食玩であると思います。

ウルトラマン 不二家 ウルトラ怪獣 ゲーム戦士

●ウルトラマン 不二家 ウルトラ怪獣 ゲーム戦士

2021年、遂にウルトラマン倶楽部シリーズがガチャポンにて、アクリルキーホルダーとしてめでたく復活しました。それを記念し、本ブログでも90年代を過ごしたキッズ達の必須アイテム「ウルトラマン ゲーム戦士(カードボーイ)」シリーズをご紹介したいと思います。
こちらの食玩は、不二家さんより93年に発売されました。カードボーイと言うネーミングは、当時爆発的人気を誇っていた任天堂さんの「ゲームボーイ」を意識されたのではないかと推測できます。

(左からウルトラセブン、ゴモラ、バルタン星人、ウルトラマンレオ のゲーム戦士)
ゲーム戦士本体は、ウルトラマンや怪獣の形に合わせて造形されており、表面には造形に伴ったキャラクターが描かれております。背面には、銀玉を弾くパチンコゲームや迷路ゲームなどが遊べる簡単なゲームが収録されています。更に本体上部には、ヒモやキーチェーンを取り付けられる様突起が付いておりました。(パッケージ背面には、ズボンに紐で取り付けられる旨を記載した文と写真が掲載されております)

ウルトラマングレート デルタプラズマー 変身&カラータイマー バンダイ

●ウルトラマングレート デルタプラズマー 変身&カラータイマー バンダイ

90年代初頭に幼少期を過ごした方にとってのウルトラマンは「グレート」と「パワード」が最も親しみがあるウルトラマンではないでしょうか。
今回ご紹介している「デルタプラズマー」は、ウルトラマングレートの本編において、主人公の「ジャック・シンドー」がウルトラマンに変身する際に使用したアイテムの玩具となります。特筆すべき点は、変身アイテムであるデルタプラズマーとは別に「チェストシート」と呼ばれるベストの様なアイテムも付属されていた点です。ウルトラマングレートはカラータイマーが、変身アイテムであるデルタプラズマーである為、この様なベストがオマケで付属していると、ウルトラマンごっこをする際に変身後もウルトラマンになりきって遊べます。バンダイさんの子供達への心遣いが光る素晴らしい玩具ですね。
後にも先にもウルトラマン玩具の中において、変身アイテムとベストがセットに発売された事はありません。ある意味ウルトラマンの玩具史においても貴重な玩具の1つと言えます。

ウルトラマンパワード  RCラジキャラ ユタカ

●ウルトラマン ウルトラマンパワード  RCラジキャラ ユタカ

こちらは、ユタカさんより発売されましたラジコンのウルトラマンパワード になります。
実際に外で走らせた事はないのですが、室内のフローリングですと軽快に前進・回転を行います。可愛くデフォルメされた幼児体型のパワードが何とも可愛らしいです。
こちらはシリーズ2となっており、シリーズ1はゴジラ・シリーズ3はガメラでした。

東京スカイツリー ウルトラ作戦第634号 ブルマァク ウルトラマン ガラモン

●東京スカイツリー ウルトラ作戦第634号 ブルマァク ウルトラマン ガラモン


2016年に東京スカイツリーにて「ウルトラ作戦第634号」と呼ばれるイベントが開催されました。その際に、物販ブースにてこちらの「ウルトラマン」と「ガラモン」の限定クリアソフビが発売されました。発売日当日から完売する程の大人気商品であった為、東京スカイツリーに来たものの、こちらのソフビ達を購入出来なかった方も多かった様です。
この頃は、クリア成形色のソフビが各メーカーから続々と発売され人気となっていた時期でもありました。クリアソフビは光を通すと綺麗に発色する為、人気があるのも頷けます。クリアソフビ人気の波に合わせてウルトラマン、ガラモンの人気キャラクターがソフビで発売となると、そりゃ売り切れちゃいますよね。売り切れてもその後、度々再入荷があった様ですが、イベント期間中にどれ程の数が発売されたのかは分かりません。今では当時売価6480円の倍ほどの値段で取引されている事から、根強い人気を維持しているソフビであると言えます。

KING OF THE HERO ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマン ウルトラ怪獣 1988 バンダイ

● KING OF THE HERO ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマン ウルトラ怪獣 1988 バンダイ

箱入りウルトラヒーローシリーズのソフビは、今でもちょくちょく見かけますが、こちらの「ウルトラ怪獣シリーズ」の箱入りソフビ人形は、めっきり見かけなくなりました。今回ご紹介している、ウルトラ怪獣シリーズは後に発売されるソフビ人形と細部の彩色や大きさなどが若干異なっており、付属しているカードはイラストや仕様が異なっておりました。
現行の500シリーズも良いですが、やはりウルトラヒーローシリーズで育った我々世代には、この大きさのソフビ人形がしっくりきますね。このサイズでもう一度、店頭にて発売して欲しいです。(近年はプレバンにて、当時リリースされていない未発売怪獣が復刻されましたが、あまりにも値段が高すぎです。5000円て…笑)

ウルトラマンティガ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン01 バンダイ

● ウルトラマンティガ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン01 バンダイ

ウルトラマンティガのアルティメットルミナスは、今回ご紹介している「マルチタイプ」の他に「パワータイプ」「スカイタイプ」が発売されております。他の平成ウルトラシリーズのウルトラマンは、アルティメットルミナスシリーズにて発売すらされていないキャラクターも数多く居る為、他の平成シリーズ作品と比較してもかなり優遇されております。
こちらのフィギュアのティガは、握り拳と平らな手を掲げたティガ独特のファイティングポーズもしっかり決まっており、造形も申し分のない出来栄えです。また、付属の専用台座パーツを使用しなくてもきちんと自立します。一方、塗装にややムラがある個体が散見されます。(特に塗料の飛び写りが多いです。)造形が素晴らしいのに非常に勿体ないなぁとつくづく思います。

 

ウルトラマン Cタイプ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン07 バンダイ

● ウルトラマン Cタイプ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン07 バンダイ

ウルトラマンアルティメットルミナス07より、Cタイプのウルトラマンのご紹介です。今までのHGシリーズフィギュアと比べて、目とカラータイマーが発光するアルティメットルミナスシリーズは迫力があり、非常に高級感があります。
こちらの07弾には、この他に「ウルトラマンジョーニアス」や「ウルトラマンマックス」がラインナップされておりました。台紙にはこちらのCタイプウルトラマンが大きく掲載されておりましたが、どちらかと言えばウルトラマンジョーニアス目的でガチャポンを回した方が多かった様な気がします。昭和のウルトラマンは、近年のウルトラマンとは異なり、一目見て『あっ!ウルトラマンだ』とわかるデザインやフォルムを有している為、謎の安心感があります。

ウルトラマン80 ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン08 バンダイ

●ウルトラマン80 ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン08 バンダイ

今回は、ウルトラマン80のアルティメットルミナスをご紹介します。
パート08では80の他に「ウルトラマンゾフィー」がラインナップされておりました。今回のパート08では、私の大好きな昭和ウルトラマンが2体ラインナップされていた為、どちらが当たっても非常に満足できる弾でした。
ウルトラマンアルティメットルミナスシリーズは、1回500円というガチャでは高額な値段帯です。更にルミナスユニットのビルやマンションがラインナップに含まれており、かつウルトラマンのアソートは毎回2体というある意味かなりの極悪設定です。しかしながら、ゾフィーと80がどちらも好きな私にとって今回のパート08は、ウルトラマンフィギュアならどちらが当たっても素直に喜べる為、いつもの弾より前向きな気持ちでガシャポンを回せました。(結局80が出るまで2500円かかりましたが…笑)

ウルトラマンレオ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン06 バンダイ

●ウルトラマンレオ ガシャポン アルティメットルミナス ウルトラマン06 バンダイ

今回は、ウルトラマンレオのアルティメットルミナスをご紹介します。
パート06ではレオの他に「ウルトラマンネクサス」がラインナップされておりました。また、台紙には大きくウルトラマンレオが獅子の瞳を輝かせて台紙を彩っておりました。私はこの台紙のレオに惹かれ、レオ単発狙いで何度もガシャポンを回しました。結局10回目でようやくレオが出て大喜びしたのですが、冷静に考えたら5000円を消費し、工場とマンションが計8個に、ネクサスが1つ手元に残っている何とも素直に喜べない状況になっておりました。
もう高額のガチャ商法はやめてくださいバンダイさん笑