ブログ

遊戯王 トレーディングコレクション カード アマダ 天田加工印刷

●遊戯王 トレーディングコレクション カード アマダ 天田加工印刷

こちらのカードは、アマダさんより1998年に発売されたトレーディングカードとなります。1パック300円の10枚入りとなっており、ノーマルカード9枚とシルバーカード1枚が封入されておりました。
アマダさんは、東映期の遊戯王関連のグッズを数多く発売しておりましたが、1番有名な物は以前ご紹介させていただいた「遊戯王 シール烈伝」であると思います。こちらは発売当時、シール烈伝に次いで人気のあった商品であったのかと問われると、私の周りではそうでもありませんでした。と言うのも私自身は、遊戯王のカードが確かに欲しかったのですが、当時は何処にも発売されておらず、幼少期の私は喉から手が出るほど欲しい物でした。しかしながら、当時めちゃくちゃ欲しかったカードは、こちらの様な『アニメの劇中シーンの切り抜きカード』ではなく『遊戯や海馬が劇中で使用していたバンダイ版のカード』が欲しかったのです。その為、こちらのカードは、当時見向きもしませんでした。また、値段も1パック300円と子供には少々高額な点も敬遠していたポイントであったと思います。ただ、必ずレアカード(シルバーカード)が1枚封入されている為、友人と放課後に遊戯王カードを買いに行く際、カードダスの遊戯王カードが何処も売り切れで、どうしようもない状況下の時に、こちらを渋々購入している友達もいました。
今では、貴重な東映遊戯王のアニメ劇中シーンを拝めることができる、遊戯王の歴史的に見てもかなり貴重なアイテムであると思います。大人になり、改めてこちらのカードを手に取ると、バンダイ版のカードダスに負けない程の魅力の詰まったカードであると感じます。

デジモン アドベンチャー カレー 丸美屋

●デジモン アドベンチャー カレー 丸美屋

デジモンアドベンチャー(無印)が放映されていた当初、アイキャッチが終わると「デジヴァイス 」や「PS デジモンワールド」などのCMが頻繁に放映されておりました。その中でも取り分け記憶に残っているCMは、こちらの「デジモンアドベンチャー カレー」であり、そのCMの中で太一が発する『ぐ〜…なお腹にグーーッ!』のフレーズです。CMは、太一・ヤマト・空がお腹をすかして歩いていると、先程のフレーズと共にカレーライスが何故か登場します。そしてデジモンと一緒に食べるといった内容でした。また、もう1つのパターンは、アグモンが『にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、ルー…』と発した後に、太一・ヤマト・空のお腹が『ぐ〜〜…』となり先程のフレーズが出てくる2種類のCMが放映されていたと記憶しております。リアルタイムで視聴し、その後も録画したアニメもよく見ていた為、こちらのCMが強烈に頭に今でも焼き付いております。

オマケのメタリックエンボスカードは、選ばれし子供達とパートナーデジモン、ファイル島で出会った敵デジモンや仲間になったデジモンなどなど…全30種類のデジモンが収録されております。カードの背景なども各デジモン&パートナーデジモンのイメージに合わせたデザインとなっており、非常に凝っております。

デジモン アドベンチャー 韓国 スナック

●デジモン アドベンチャー 韓国 スナック

韓国デジモン食玩シリーズの最後は、こちらの「デジモンアドベンチャーコーンスナック」をご紹介します。
こちらのスナック菓子には、デジモンのメンコが1枚オマケとして付属しておりました。オマケのメンコを所持していない為、なんともはっきりした事を書けないのですが、パッケージを見る限りでは対戦も出来たようです。
パッケージには、選ばれし子供達とそのパートナーデジモンが描かれております。日本では、明治さんより発売されておりました「明治コーンスナック ポケットモンスター」にこちらのメンコの様なオマケ(ハイパーボールチップ)が封入されているスナック菓子が、かつて発売されておりました。
韓国版のデジモンスナックと明治さんのポケモンコーンスナックの両食玩に共通して言える事は「オマケよりもパッケージの方が出現率が低くい」と言うことです。今でもオマケのデジモンメンコは、韓国でもよく見かけるそうで、ハイパーボールチップも日本のフリマサイトやオークションサイトにてよく見かけます。しかし、パッケージとなると中々お目にかかれません。この食玩のみに当てはまる事ではないのですが、お菓子を食べ終わった後の空パッケージに価値が付き、封入されていたオマケと立場が逆転する所なども食玩を収集していく上で楽しい部分です。

デジモン アドベンチャー 韓国 ガム

●デジモン アドベンチャー 韓国 ガム

今回も韓国デジモンアドベンチャー食玩の1つである「韓国版デジモンアドベンチャーガム」をご紹介します。
こちらは、透明フィルムにパッケージとオマケのメタリックミニカードがセットとなって発売されておりました。透明なフィルムからは、中にどのカードが封入されているのか分かる為、とても親切な作りであると思います。オマケのカードは、小さいながらもメタリック仕様の豪華な作りとなっております。

(パッケージ背面に中身のメタリックマニカードのデジモンが、外に見える形で封入されておりました)
こちらの食玩は、オマケのメタリックミニカードも非常に魅力的ですが、パッケージもかなり多くのバリエーションが存在しております。デジモンコレクターの方からは『メタリックミニカードよりもパッケージの方が出現率が極めて低い』とまで叫ばれている程、かなりのバリエーションがあります。中には『何故この場面を採用した…?』と思える物もありますが、眺めていてとても面白いパッケージであると思います。

デジモン アドベンチャー 韓国 キャンディ

●デジモン アドベンチャー 韓国 キャンディ

今回の韓国版デジモン食玩は、デジモンの棒付きキャンディです。
パッケージは、選ばれし子供達の一人一人をメインとしており、それぞれ「ヒカリ」を除く7人のパッケージがありました。

(選ばれし子供達全てのパッケージを製作しているなど、開発人の方々の気合の入り用が伺えます)

こちらは、何故か手の形をしているキャンディ1本とシールがオマケとして封入されている食玩でした。日本で明治さんより、かつて発売されていた「ポケパチ」に似ている食玩ですが、こちらの韓国版はシールがオマケで付いているため、ポケパチよりもお得感があります。しかし、そのオマケであるシールは、袋に直貼りになって封入されておりました。その為、シールを取り出すにはキャンディを食べ終わり、袋をきれいに破らなければなりませんでした。


(シールは左上に通し番号が振られており、中央にキャラクター、右上にキャラクター名が記載されておりました)

こちらの食玩のシールも前回のデジモンソーセージ同様に、シールの全体像が中々把握できておりません。恐らく、全28種の選ばれし子供達+パートナーデジモンで構成されているとは思います。しかし、背景色違いなどのバリエーションの存在も否定できず、まだまだ発掘していく必要のある食玩です。

デジモン アドベンチャー 韓国 ソーセージ

●デジモン アドベンチャー 韓国 ソーセージ

今回からデジモンアドベンチャー(通称:無印)の時期にお隣の国、韓国にて発売されていた食玩シリーズをご紹介します。
こちらの食玩は、ソーセージ4本と3Dチェンジングカードがオマケとして封入されておりました。
パッケージは「空とガルダモン」画はこの正面に描かれており、背面にはバードラモンが描かれております。私が所持している箱はこちらのタイプしかありません。韓国のコレクターからは『太一とグレイモンのバージョンが、当時は1番人気であった』と聞いております。おそらく全ての選ばれし子供達のイラスト箱が当時は、発売されていたと考えられます。

(オマケの3Dカードは見る角度で、イラストが変わる仕様となっておりました)

韓国版の無印期食玩は、中々全体像を把握することが困難です。私もこちらの韓国版のシリーズ収集に力を入れております。しかしながら、現物を手に入れる事は非常に難しいです。日本国内で発売された無印の食玩などとは、比較にならないレベルです。デジモンのアイテム収集のために韓国へ向かい、玩具屋さんや中古ホビーショップを巡りたいのですが、コロナが収束しない限りは行けそうにないです。どなたか韓国版のデジモングッズをお持ちの方は、ご連絡頂けると幸いです。

Nintendo ゲーム&ウォッチ ビネット オクトパス シェフ パラシュート マンホール (ゲームウォッチ)

● Nintendoゲーム&ウォッチビネット オクトパス シェフ パラシュート マンホール

今回ご紹介します玩具は、2005年にゲームセンターのプライズ品として突如出現した「Nintendoゲーム&ウォッチビネット」になります。こちらは上記の画像の4種類が発売されました。
発売当時は、今の様にMr.GAME&WATCHのアミーボ(amiibo)も発売されておらず、ゲームウォッチの公式ライセンスを取得している立体物はありませんでした。(非公式では昭和の駄菓子屋さんなどで発売されていた駄玩具やコスモス製の玩具にゲームウォッチを模した物はありました)
私は今でもスマブラではゲームウォッチしか使わない程、このキャラクターへの愛が深く、大乱闘64では「サムス」をメインで使用していたのですが、それ以降の作品は全てにおいて「ゲームウォッチ」しか使用しておりません。その為、こちらの発売を知った際には、小躍りする程に嬉しかったです。
肝心のフィギュアの出来も素晴らしく、シェフに登場する猫やオクトパスに登場する特徴的なタコなど、非常に良く再現されております。近年では値段も高騰してきており、コンプリートセットですと4万円以上で取引をされていたりします。こちらは、ボックスもゲームウォッチの本体デザインを踏襲した作りとなっており、開発者様の拘りが随所に感じられる逸品です。実際に手に取っていただけると、多くのゲームウォッチファンの方々には、その出来の良さに驚嘆されると思われます。珍しいゲームウォッチの立体物であり、今後も再販の見込みが絶望的な事などからも近年の価格高騰現象も頷けます。

遊戯王 デュエルモンスターズ オフィシャルカードゲーム vol コナミ 空箱

●遊戯王 デュエルモンスターズ オフィシャルカードゲーム vol コナミ 空箱 (ボックス)

本日は、現在まで続く長寿タイトルである『遊戯王デュエルモンスターズ』シリーズの空箱について少し触れてみたいと思います。
こちらの箱に封入されていたカードが発売されていた、99年から02年頃までの遊戯王の人気は凄まじく、カードパックを手に入れる事も難しい時期でした。特にこちらで紹介した空箱のvolシリーズは、コンビニに入荷すれば即完売、玩具屋さんでも売り切れが続出しておりました。その様な中、なんとかコンビニを自転車ではしごして、ようやく見つけることができた際には、今では絶対に感じることができない幸福感がありました。そのパックに描かれていたイラストが、こちらの空箱に掲載されていたものでした。

(有名なVOL1のボックスには、青眼の白竜が記載されておりましたが、実際には収録されておりませんでした)

当時は子供でしたので、箱買いなんて出来るわけがないのですが、よく購入していたパックに描かれたイラストには馴染みがあるため、今でも必然的にこの時期のボックス達には、とても馴染みがあります。また、当時パックを棚のフック什器に引っ掛けた後に、コンビニのスタッフの方が捨てようとした物を貰い、カードケースとして使っておりました。その為、私は箱買いを一度も経験したことがないのに、自宅の学習机の上には遊戯王のボックスが全て陳列されておりました。よく友達が遊びに来た際に『玩具屋みたい!』と言ってくれて嬉しかった事を覚えております。

(ボックスの背面にはパックの収録リストが記載されておりました)
今ではこちらの空箱にも値段がつく様になり、箱を保管するケースまで発売されております。今後も開封済みのvolシリーズの空箱を入手して全て陳列してみたいのですが、値段も高騰しており、中々市場に出て来なくなっております。見つけた時に買わなければと思うのですが、そもそも見かける機会が減ってしまい、少し残念です。今はリアル店舗での購入よりも、フリマサイトやオークションサイトに頼るしかないのですが、空箱も偽物がぼちぼち出始めたので、やはり当分はリアル店舗での一期一会に期待するしかなさそうです。

デジモンスナック デジモン アドベンチャー バンダイ

●デジモンスナック デジモン アドベンチャー バンダイ

今回ご紹介する食玩は、デジモンアドベンチャー(無印)放映期に発売された数ある食玩の中でもトップクラスに出来の良い食玩でした。こちらの中身は、カレー味のコーンスナックとバトルキャップ、それに貼り付けて遊ぶシールが封入されているだけのごく普通の食玩でした。しかしながらこちらの食玩は、他のデジモン関連の食玩とは異なり、箱の表面や裏面に「ゲームのルール」「ゲーム内にて使用するライフカウンター」「デジモンすごろく」など、とにかく多くの情報を詰め込んで発売されました。その為、お菓子のコーンスナックやバトルキャップは勿論、箱の側面や背面を含め、本来捨てられるはずの箱までもオマケになる仕様となっておりました。開発に携わった当時のスタッフの方々の気合も感じられますが、なによりメインターゲットの子供達にとっては、とてもお買得感を感じることが出来る食玩であったと思います。

(こちらが、デジモンスナックの展開図です。側面にはライフカウンター、背面にはルール表、その背面にはすごろくゲームがありました)

オマケのバトルキャップは、当時でも珍しく「選ばれし子供達」をメインにしたオマケでした。当時でも選ばれし子供達の立体物は「ワンダーカプセル」くらいしか展開されていなかった為、結果的にこちらのバトルキャップは、非常にレアなアイテムとなりました。バトルキャップの出来も細部のモールドなどが細かく造られており、小さいながらも非常に出来が良いです。

(バトルキャップは、背面もしっかりと作り込まれており、この金型を使用して選ばれし子供達のプラモデルを作成して欲しいくらいの出来栄えです)

今回ご紹介したデジモンスナックは、今でも箱の出現率が極めて高く、バトルキャップよりも箱の出現の方が見かける事が多いです。それだけ当時、箱を切り取り大切に保管していた子供達が多かった事が容易に想像出来ます。現在、この様な形式の食玩は中々見かけません。こちらの食玩の様に担当者様の気合の入り具合が見て取れる食玩は、後年になってもパッケージの現存率が極めて高く、当時を知る上で非常に貴重な資料となります。(ロッテさんのジョイントロボや不二家さんのバトラーの聖剣など)パッケージに少しの遊び心を持たせた食玩が今後も増えていくと、収集していく上で楽しみも増えますし、なによりも子供達が喜ぶのではないでしょうか。ただ単にパッケージに公式絵を貼り、ラインナップを書いただけの食玩よりは、この様な形式の食玩の方が子供達の受け入れ性も高いと思います。ただ、コスト面の問題が背景にあるので、単価が上がってしまうジレンマもあり、なんとも難しい問題です。

トランスフォーマー カバヤ ジグソーパズル

●トランスフォーマー カバヤ ジグソーパズル

トランスフォーマー (G1)が放映されていた当時は、カバヤさんから非常に多くの食玩が発売されておりました。代表的なものは、組み立て式プラモデルがオマケの「トランスフォーマー ガム」ですが、その他にもキャラメル、ガム、チョコスナックなどバリエーションに富んだ食玩が発売されておりました。今回はその中から、チョコスナックがオマケで付いた「トランスフォーマー ジグソーパズル」をご紹介します。
こちらの食玩には、表裏にG1トランスフォーマーのキャラクターが描かれたパズルが一式封入されておりました。パズルの種類もかなり豊富で「変形パズル」や「パノラマパズル」「遊べるパズル」などがありました。

(こちらのパズルは、インセクトロンとダイノボット軍団が両面に描かれた「両面パズル」です。)

お菓子のチョコスナックは、サイバトロンとデストロンマーク、そして商品名のトランスフォーマージグソーパズルが記載されたビニールに、14粒のチョコスナックが入っておりました。通常の食玩のお菓子の袋は、何も印刷がされていない無彩色の物やメーカーのロゴが散りばめられた物が多いのですが、お菓子の袋にも両軍団のエンブレムを印刷し、子供達を少しでも喜ばそうと工夫を施しているカバヤさんの拘りがみて取れます。