ブログ

カバヤ ビーストウォーズ ガム PART3 DJ ギムレット モーターアーム

● カバヤ ビーストウォーズ ガム PART3 DJ ギムレット モーターアーム

ビーストウォーズガムより、パート3の組み立て式プラスチックモデルです。内容物は「ランナー2枚」「説明書」「板ガム」となっていました。

(パッケージ背面には、3体を合体させてトリプルダクスへ変身出来る旨が味わい深い手書きイラストで掲載されていました)

この頃になると80年代の「トランスフォーマー ガム」からは、想像もできない程のパーツの少なさと変形機構の雑さが目につきます。各パーツのモールドの細かさやディテールなどが素晴らしいだけに残念です。

(この商品の約1年前に発売された同シリーズ「メガトロン」と比較すると明らかにパーツ数が少ない事が分かります)

ポケモンパン ポケモン ワンパチ カスターボールドーナツ 第一パン

●ポケモンパン ポケモン ワンパチ カスターボールドーナツ 第一パン

パッケージイラストには、草原を背景にワンパチとワンパチの足元にモンスターボールが描かれています。ワンパチが遊んでいる足元のモンスターボールをイメージして、ボールドーナツになったのか…それとも全くイラストは関係がないのか…謎が深まるポケモンパンです。

ポケモンパン ポケモン トリプルチョコパン ピカチュウ 第一パン

●ポケモンパン ポケモン トリプルチョコパン ピカチュウ 第一パン

バレンタインシーズン恒例のチョコレートパンです。2020年は、チョコ生地にチョコクリームとチョコホイップクリームを加えたトリプルチョコパンと豪華なパンとなっていました。

キン肉マン キンケシプレミアムvol.11 バンダイ

● キン肉マン キンケシプレミアムvol.11 バンダイ

キンケシプレミアムvol.11は、2019年に週刊プレイボーイにて実施された「キン肉マン超人総選挙2019」で選出された上位15人の超人がラインナップされました。
この弾の特徴として、キン肉マン(スグル)・キン肉マンソルジャー(アタル)・悪魔将軍以外の超人が全て腕組みをして仁王立ちしている事が挙げられます。
総選挙の順位は、1位アタル、2位悪魔将軍、3位ロビンマスクでした。ロビンマスクは順位が3位であるにもかかわらず、上位3人とは異なり、他の12人と同様の腕組みスタイルでした。しかし、4位のスグルは右手を挙げ、凛々しくポーズを決めたスタイルです。どうせならロビンマスクも、腕組みスタイルとは異なった造形を見たかったですね。

ビクトラー ドラえもん ガチャガチャドラえもん

● ビクトラー ドラえもん ガチャガチャドラえもん

ポピーさんの「ガチャガチャドラえもん」の小型タイプになります。ビクトラー社製は、本体の大きさがポピー製より2分の1程度と小さいです。しかし、小さいながらも本体は合金製であり、カプセルの排出ギミックもちゃんと有しています。

任天堂 仮面の忍者赤影 トランプ 1967

● 任天堂 仮面の忍者赤影 トランプ 1967


こちらは、任天堂製の仮面の忍者赤影トランプになります。カード裏面には、カッコいい赤影が描かれています。トランプ表面やジョーカーなどのカード絵柄には、赤影とは関係の無いイラストが描かれております。

ポピー 超合金 マジンガーZ 1.5期 ジェットスクランダー 1974

● ポピー 超合金 マジンガーZ 1.5期 ジェットスクランダー 1974

ポピーより発売された初代マジンガーZの超合金は、大きく分けて4つに分けられます。
1期は胸部からミサイルを発射する事が出来、背面に発射する為のスイッチがありました。また、肩には、ロケットパンチの発射ミサイルが付いていました。
今回の1.5期は、肩にロケットパンチの発射ボタンが付いている事は1期と同様ですが、胸部ミサイル機能がオミットされており、ミサイル発射箇所にはシールが貼られる修正が施されました。

(ミサイルを飛ばしての”ブラストファイヤー”を再現する事が出来なくなりました)

しかし、こちらの1.5期から正式に「超合金」ブランドが始動した記念すべき玩具であり、1期には無かった「ジェットスクランダー」も付属していました。

(こちらのジェットスクランダーが付属した事により、パッケージも1期より大きな物となりました)

肩にロケットパンチの発射ボタンが付いており、1期の特徴を踏襲しつつ、付属のジェットスクランダーや胸部のシールデザインなど、2期とは明確に異なる特徴を有している所に1.5期の魅力があります。

美研 ウルトラマン ウルトラ怪獣手帳

● 美研 ウルトラマン ウルトラ怪獣手帳

オールカラーでウルトラマンやウルトラセブン、怪獣達を紹介しており、メモ帳ページもある優れものです。オマケで怪獣のマジック水写真、ウルトラ警備隊と科学特捜隊のマークバッジ、怪獣鳴き声集 シートが付属していました。

ポピー 超合金 太陽戦隊サンバルカン 太陽合体 サンバルカン

● ポピー 超合金 太陽戦隊サンバルカン 太陽合体 サンバルカン

コズモバルカン・ブルバルカンが『合体!グランドクロス!!』する事により画像の『チェンジッ!サンバルカンロボ!』へと変形します。変形後のロボスタイルは、どっしりとした「これぞ昭和ロボット玩具!」と呼べるクラシカルなスタイルです。

付属武器も充実しており、画像の他にも必殺技である『太陽剣!!オーロラプラズマ返し!』を放つ為の「太陽剣」や「バルトンファ」と呼ばれるトンファーもあります。同梱されている取り扱い説明書は「太陽合体 システム司令書」と記載されており、大人の私が手にしてもワクワクしてしまいます。玩具だけではなく、取り扱い説明書だけでも子供達を楽しませようとする、当時のポピー 担当者様の心遣いが垣間見えます。これぞ「世界の超合金」と呼ばれる所以ですね。

ポケモン カード ひかる セレビィ 旧裏

● ポケモン カード ひかる セレビィ 旧裏

ひかるセレビィのカードは、ポケモンカードゲームの「闇そして光へ」のパックに封入されていたカードになります。こちらのセレビィのカードに限った事ではないのですが「ひかる〜」シリーズのポケモンカードは、極端に封入率が低く設定されておりました。更に、ひかるポケモンもセレビィを含む8匹のポケモンがラインナップされていた為、発売当時はお目当てのひかるポケモンのカードをパックから自引きする事は奇跡に近かったです。
全てのひかるポケモンカードには、右上のカードテキストに「ひかる〇〇はデッキに1枚までしか入れることができません」との文言がありましたが、小学生の自分には『ひかるポケモンなんて2枚も入手出来ないよ…』と嘆いていました。