セーラーファイト! セーラーファイター ソフビ

●セーラーファイト! セーラーファイター ソフビ


こちらは、中京テレビにて放送された「セーラーファイト!」に登場したセーラーファイターのソフビ玩具です。彩色も丁寧に色分けされており、造形も素晴らしいと思います。
今では入手が難しいソフビですが、動画サイトなどで本編を見ると、どうしても欲しくなるソフビです。ちなみに私は、セーラーファイトにどハマりしていた時期にオークションサイトにて購入しました!(確か3000円程であったと思います)

ニンテンドー ゲームキューブ ディスク消しゴム ウォッチ

●ニンテンドー ゲームキューブ ディスク消しゴム ウォッチ

昔はよく任天堂ハードやソフトのミニチュア玩具がガチャガチャにて頻繁に売られておりました。最初はゲームボーイアドバンスのシリーズから始まり、こちらのキューブやファミコン、スーファミ、GBASPなどなど…かなりのシリーズがリリースされました。大当たりは本体が時計のタイプで、ハズレはカートリッジ型の消しゴムでした。こちらのシリーズの特筆すべき点は、限定モデルの本体を時計として立体化していることではないでしょうか。アドバンスのロックマンエグゼ2の限定モデルやドンキーコングエディションのSPなど魅力的な物ばかりでした。当然私も発売時は100円を握りしめて台紙に描かれている時計を狙っていたのですが…出てくるのは今回画像に掲載している消しゴムばかりでした。(しかも消しゴムなのに字が異常に消えにくい)
今となってはこちらの消しゴムにもプレ値が多少付いている様で驚いております。当時は圧倒的ハズレ景品としか見ていなかったので…。どれほど圧倒的ハズレ景品であったかと言うと、私の通う学校で『寄付禁止令』が発令されるほどでした。ご説明すると、当時子供達がダブり過ぎて使いきれないカートリッジ消しゴムを小学校の忘れ物をした生徒が使用する、通称「忘れ物入れ」に自主的に寄付しておりました。しかし、私を含め多くの他の生徒もこの消しゴムを寄付していた為、カートリッジ消しゴムで忘れ物箱が溢れかえり、その結果カートリッジ消しゴム関連の寄付禁止令が発令されたといった経緯です。今振り返ると、煎餅の缶詰がぎちぎちになるまで消しゴムが詰まっていたので、先生もほとほと困り果てていたのでしょうね。
そんな子供達からは、かなり邪魔者扱いであったカートリッジ消しゴムが今ではそれなりにプレ値が付いているなんて…こんなことなら当時ダブった消しゴムを学校に持っていかず、もう少し保管しておけばよかったです(笑)

フルタ製菓 20世紀漫画家コレクション 笑ゥせぇるすまん 喪黒福造

●フルタ製菓 20世紀漫画家コレクション 笑ゥせぇるすまん 喪黒福造
喪黒福造のフィギュアやぬいぐるみなど立体物は数多く世に出ておりますが、こちらのフルタさんの食玩フィギュアはその中でも群を抜いてよくできております。
細部の彩色や造形、特に背景になる「魔の巣」の作りこみなどは圧巻です。こちらのフィギュアは食玩として発売されたのですが、食玩の域を優に超えている素晴らしいフィギュアであると思います。(2003年に発売されていたとは…恐るべし)
当時売価は300円(税抜き)であったようですが、現在では新品で1500円から3000円ほどで取引されております。しかし、このクォリティならむしろ安いのかもしれません。手に取るとその出来の良さに驚く方も多いかと思います。中古ホビーショップなどで見かけた際には、ぜひ一度手に取っていただけると『これが本当に食玩?!』と驚くはずです。

爆走兄弟レッツ&ゴー 爆走Gシューター 食玩

●爆走兄弟レッツ&ゴー 爆走Gシューター

こちらはレッツ&ゴーのコマがおまけとして付いている珍しい食玩になります。
中身はラムネ菓子とコマとシューター更にリング(スタジアム)にシールまで封入されておりました。
コマのオマケが付いた食玩と言えば我々世代は、ベイブレードの食玩を思い出す方が多いかと思います。ベイブレードの食玩は森永さんの組み立て式のベイブレードがメジャーでしたが、回転や持続力が非常に悪かったです。(造形は素晴らしかったのですが…)特にベイブレードの一番の魅力であるバトルも回転数や持久力が著しく乏しいため迫力がありませんでした。一方でこちらのGシューターは回転力と持続力も申し分なく『ほんとに食玩なの?!』と驚くほどによく回転します。後にこのタイプの玩具と似たベイブレードの玩具が発売されたりもしたことを考えると、かなり時代を先取りした良食玩であったと言えます。

藤子不二雄A展 笑ゥせぇるすまん 怪物くん 忍者ハットリくん 魔太郎がくる ピンバッジ

●藤子不二雄A展 笑ゥせぇるすまん 怪物くん 忍者ハットリくん 魔太郎がくる ピンバッジ

藤子不二雄A展では、Aの変コレクションとして沢山のグッズが売られておりましたが、今回ご紹介しているピンバッジもかなりの人気商品でした。
特に「サタンのバッジ」や「BAR魔の巣」はとりわけ人気でした。サタンバッジはこのタイプよりも原作により近いタイプも併売されていたのですが、お財布の事情で購入できませんでした。
可愛らしい怪物くんやハットリくんのピンバッジと並んで魔太郎がくるや笑ゥせぇるすまんのピンバッジが併売されるなんて、ファンには堪らなく嬉しい展示会でした。

藤子不二雄A展 怪物くん 田宮坊一郎 キーホルダー

●藤子不二雄A展 怪物くん 田宮坊一郎 キーホルダー

藤子不二雄A展では「明日は日曜日そしてまた明後日も…」の上映会も行われておりました。現代では当たり前の様に『ひきこもり』や『ニート』などの概念が世間に浸透しておりますが、この時代において上記の概念はまだ、広く浸透していなかったと思われます。今読んでみると、現代社会を風刺した素晴らしい作品と感じますが、これが昭和の時代に描かれた作品であるということに大変驚きました。
前売り券を購入すると坊一郎の缶バッジがランダムでもらえたのですが、残念ながら笑ゥせぇるすまんの缶バッジであった為、グッズ売り場でこちらの坊一郎と怪物くんのキーホルダーを購入しました。坊一郎グッズは意外と人気があり、グッズ売り場では品切れも出ていたので購入出来てよかったです。

藤子不二雄A展 笑ゥせぇるすまん 喪黒福造 忍者ハットリくん 九谷焼 豆皿

●藤子不二雄A展 笑ゥせぇるすまん 喪黒福造 忍者ハットリくん 九谷焼 豆皿

こちらは、2018年に六本木にて開催された「藤子不二雄A展」にて販売された九谷焼になります。
開催翌日に訪れてグッズを購入したのですが、喪黒福造とハットリくんの九谷焼以外の「魔太郎がくる」や「怪物くん」、「プロゴルファー猿」などをモチーフにしたタイプは完売しておりました。この他のグッズも大変人気で殆ど完売の品が多かったです。割れないように気を付けながら持ち帰ったことが懐かしいです(笑)

世紀のビックスター ジャイアン ファーストチョコレートアルバム 藤子・F・不二雄ミュージアム

●世紀のビックスター ジャイアン ファーストチョコレートアルバム 藤子・F・不二雄ミュージアム

まさかのジャイアンのCDが発売されていたので、思わず手に取り購入してしまいました。
中身はCDではなくコイン型のチョコレートが9枚封入されており、それぞれカバーに『ボェ〜』とジャイアンが発する独特の歌声がジャイアンのイラストと共に描かれておりました。裏側には、その歌声を聞いて気分が悪くなっているドラえもんやのび太、スネ夫にしずかちゃんのキャラクターが描かれており、非常に凝った作りのチョコレートでした。

ドラえもん ウソ800 缶入りクッキー 藤子・F・不二雄ミュージアム

●ドラえもん ウソ800 缶入りクッキー 藤子・F・不二雄ミュージアム

こちらのグッズは、帰ってきたドラえもんにて登場した秘密道具のウソ800をモチーフにした缶にクッキーが入って発売されておりました。こちらのグッズも原作ファンには堪らない一品です。
私は幼少期にドラえもんコミックスの6.7巻を初めて購入してもらいました。その為、思い入れがとても強い秘密道具の立体化ということもありグッズ売り場でかなりテンション上がりました。
この缶は本当に出来が良いのでもう一つ買っておけば良かったと後悔しております。缶だけなら今でもフリマサイトで見かけますので、購入を検討している最中です。

ドラえもん 初登場ver ぬいぐるみ 藤子・F・不二雄ミュージアム

●ドラえもん 初登場ver ぬいぐるみ 藤子・F・不二雄ミュージアム


このぬいぐるみが本当に欲しくて、初めてミュージアムを訪れました。この独特の初期ドラえもんの体型や表情に癒されます。
発売時もグッズ売り場では、かなりの方が買い物カゴに入れておりました。
この時期から、徐々に初期ドラえもんのグッズがリリースされ始めましたね。
キーホルダーも初期ドラえもんがモチーフでとても可愛らしいです。
ミュージアムでは、私たち世代にはとてつもなく懐かしい「どら焼きアイス」が発売されておりました。ロッテさんがかつて販売していたものと味なども似ており、ノスタルジーに浸れたのですが、オマケのシールがなく少し物足りなさを感じましたね。