ポケットモンスター ポケモンチョコスナック 金・銀 明治  箱 パッケージ

●ポケットモンスター ポケモンチョコスナック 金・銀 明治  箱 パッケージ


このブログでは何度もご紹介している、明治さんのポケモン食玩より「ポケモンチョコスナック」のご紹介です。こちらのパッケージにはゲットカードの銀が1枚封入されておりました。
カードの種類は16種類と若干少なく感じますが、金と銀で合わせて32枚になりますのでそこそこのボリュームとなります。
パッケージにプライスが付いているとその当時の平均売価が判明するので助かりますね。このプライスはココストアかな?

ポケットモンスター ポケモンビスケット 金・銀 明治  箱 パッケージ

●ポケットモンスター ポケモンビスケット 金・銀 明治  箱 パッケージ

今回はポケモン金銀時代に明治さんより発売されておりました、ポケモンビスケットをご紹介致します。
こちらのビスケットは無印の頃より発売されておりました。初めはシールがおまけとして封入されておりましたが、後にこちらの「ピクチャーフレーム」へと変更されました。(金銀期に入っても「ピクチャーフレーム」が引き継がれました。)
ピクチャーフレームとは、アニメのワンシーンを切り抜いたセル画の様な紙をプラスチックの額縁で彩ったタイプの食玩になります。額縁はメッキ加工など特殊なカラーリングが施されているわけではありませんが、額縁はレリーフ加工が施されており、中身のセル画調の紙とよくマッチしております。
今でもそうですが、この様なタイプの食玩は後にも先にもこちらのピクチャーフレームのみであり、発売時もとても斬新な物でした。ゲットカードもそうですが、少し高級感のあるオマケを作る技術やアイデアには脱帽してしまいます。
肝心のお菓子のビスケットもとても美味しいビスケットでした。後にビスケットのみで販売されていた過去もありますので、かなりの方に支持されていたのかもしれません。ビスケットの厚みや味なども程良く、私もお気に入りのビスケットでした。再販をずっと希望している食玩の一つなのですが…恐らくもう無理であると思われます。ビスケットの型もピカチュウではなくピッピである所などポケモンの歴史も垣間見える食玩です。(単純にピカチュウのビスケットは耳が折れてしまうからピッピの採用だったのかも)

明治 ポケモンアイス ポケットモンスター シール

●明治 ポケモンアイス ポケットモンスター シール


ポケモンブーム絶頂期に登場した『明治 ポケモンアイス』のオマケで付いてきたシールのご紹介です︎。
こちらのシールは、背面の台紙がパックリと二つに分かれる仕様となっており、台紙に あたり と はずれ マークが記載されておりました。当時は『コイキングのシールがあたりシールだ!』とか『ミュウのシールがあたりシールだよ!』などと、よく学校で話しておりました。実際、私自身はあたりシールを当てる事が出来ず、友人も当てる事は出来なかったので、結局どのポケモンがあたりシールのイラストであったのかは謎です。また、通常のアイスとは別に大型のボックスタイプの箱売りもありました。その箱売りのタイプに封入されていたおまけシールは、通常のアイスに封入されているシールよりも大きなシールが封入されておりました。中身のアイスはと言うと、チョコバナナ味やチョコレートがコーティングされたバニラ味(遊戯王アイスと同様のタイプ)などがリリースされていた気がします。個人的には『ビックリマン2000アイス』が、今まで食べた食玩系のアイスで一番美味しかったです。確かに、ポケモンアイスも美味しかったのですが、味は可もなく不可もなくと言った感じで、記憶にもそこまで残っていないことを垣間見ると、いまいちインパクトに欠けていたのかな〜と思います。(ポケモンアイスの中では一番チョコバナナが美味しかった気がします。)
ポケモンアイスに対しての私の一番古い記憶ですと、カレーチェーンのココイチバンさんにサトシ達のイラストが描かれたタイプのアイスが店頭のアイスケースに陳列されていた光景です。外食チェーンのアイスケースにキャラクター物が陳列されている光景に対して、子供ながらにかなり驚いた気がします。これに近い例では、どこに行っても妖怪ウォッチ関連の商品で溢れかえっていた、妖怪ウォッチブーム時ですね。妖怪ウォッチもポケモン同様にアイスが発売され、様々な業態の店舗のアイスケースに陳列されておりました。一番驚いたのはど田舎の道の駅のアイスケースでの遭遇です。やはりインパクトが強いと何気ない日常の記憶でも不思議とずーーっと残っている物なのですね。しかしながら、爆発的人気を誇ったポケモンと妖怪ウォッチの2大コンテンツも、その後の成長は大きく異なりましたね。アイス一つでもキャラクタービジネスの難しさが伺えます。

※画像2枚目に掲載しているシール達は、この当時、各社が続々とポケモン関連の食玩を発売していた際に登場した代表的なシールになります。上段が記事でも紹介した明治製菓さん、下段がサンヨー食品さんのシールです。こうして並べてみると、シール一枚でも両社の違いが顕著に見られますね。両社とも工夫を凝らした仕様になっています。

アイスシリーズのシールを追加で掲載いたします。ボックスタイプ売りのシールが袋売りよりも4倍ほど大きいことが分かりますね。

ポケットモンスター 明治 ポケモン チョコスナック ゲットカード

● ポケットモンスター 明治 チョコスナック ゲットカード

今も昔も変わらないのは、子供達のお小遣いの金額であると思います。昭和の時代と比較するのはお門違いですが、平成初期と令和初期ではそこまで変化はないかと思います。子供達のお小遣いは毎月決められており限られております。その中で子供ながらに必死にやりくりして、ポケモンカードやカードダスから御目当てのポケモンのカードを自分で引いて手に入れる事は非常に困難です。しかも光り物のキラキラしたカードを手に入れる事はトレードなしでは中々難しいものでした。その様な中で気軽にキラキラの光り物カードを入手できる、こちらのポケモンチョコスナックは、子供達の救世主的存在であったのかもしれません。カードダスでキラキラを出すより、確実に光り物を手に入れられますし、300円もするポケモンカードゲームは、おいそれと何個も買える金額ではありません。一方、ポケモンチョコスナックは100円ですし、子供達が比較的手を出しやすい金額設定であった事も子供達から支持を得られた大きな要因であったのかもしれませんね。

画像のカード左側は、無印放映時の最初期に投入されたゲットカードになります。対して右側のカードは金銀法会時に投入されたゲットカードです。光り方やカードの四角などの変更があり、特にポケモンのイラストの大きさが、かなり変わりましたね。金銀時代の方がインパクトもあり、カードの光り方もレリーフ調で更に高級感を感じられるようになりました。

市場では最初期のタイプのカードをよく見かけますが、金銀時代のカードになると見かける機会がぐっと減ります。ムービーシリーズも状態の良いものは、年を追うごとに見かけなくなりました。こちらのシリーズは、私もかれこれ10年ほど収集しているのですが、年々入手が難しくなっている感じがします。今後もコンプリートに向けて収集を継続していくつもりですが、その前に軍資金が枯れてしまうかもしれません。長い目で見ながら収集をしておりましたが、そろそろ本格的に動かないとマズイ環境になってきた感じです。

ゲットカードの画像を追加で掲載いたしました。綺麗に仕上げられている表面や丁寧な解説、ポケモン情報などを盛り込んでいる箇所など見どころ満載です。

ポケットモンスター 明治 ポケモン チョコスナック ゲットカード 箱 パッケージ

●ポケットモンスター 明治 チョコスナック ゲットカード 箱 パッケージ

こちらはポケモン無印が放映されていた時期に明治さんより発売されました『ポケットモンスター チョコスナック 』になります。ひょうたん型のチョコスナックとゲットカードと呼ばれるカードが1枚封入されている食玩でした。
発売当時は、ポケモンブームの真っ只中であった事もあり、非常によく売れていた感じがします。私もかなり買ってもらいました。カード目当てで。そうなんです。実はこちらの食玩の最も大きなポイントは、オマケのカードでした。勿論、チョコスナックも美味しかったのですが、他のポケモン関連のオマケとは一線を画しているオマケの『ゲットカード』に私も含め当時の子供たちは、こぞって魅了されておりました。
ゲットカードは、同時期に発売されておりました食玩の『ポケモンビスケット』や『ポケモンアイス・スナック』などの他の紙物のおまけとは違い、しっかりとした厚みのある紙を使用したカードとなっておりました。しかも、全てメタリック仕様となっており、他にはない高級感を醸し出している物でした。背面にもポケモンのデータがしっかりと記載されており、進化先のポケモンの紹介やゲーム内でのレベルアップで覚える『わざリスト』も掲載されており、至れり尽くせりな仕様でした。一方、表面のHP数値やジャンケンマークには、全くと言っていいほど関心がありませんでした。これらのマークを使って遊ぶ事は、私を含め周りの友人達もほとんどなかったと記憶しています。私の周りでもポケモンカードのファイルにこちらのゲットカードをファイリングしている友人が多く、このカードを使用してバトル遊びをしている子供達は、ほぼ皆無であったと思います。後年、この事に発売元の明治さんも気が付いたのかは、定かではありませんが、弾数を重ねるにつれてジャンケンマークやHP表記を削除したトレーディングカードタイプを新たな弾に投入したりもしておりました。しかしながら、当初から変わらず貫いた普遍的なポイントは、高級感です。メタリック仕様のタイプからレリーフ仕様のタイプ、光り方を変更した明治さん曰く、キラキラ輝く新ゲットカードタイプなどなど…本当に子供達を飽きさせる事がない様に色々な仕様の高級感溢れるカードを出してくれておりました。今見てもレリーフタイプのカードや劇場版シリーズのカードはカッコいいなぁと素直に思います。
子供向けの食玩でありながら、少し背伸びをして大人っぽい高級感がある物を手にしたいという子供達の欲求に対してオマケであるカードを通して、子供達になんとか提供しようとする姿勢が見て取れます。こちらのカードを収集していると、明治さんのこちらの食玩に対する熱い気持ちを随所に汲み取ることができます。その為か、今でもこちらのゲットカードは、この時期の他のポケモン関連の食玩と比較しても、市場で一定のプレミア価格が付いております。どんなに時が経っても、やはり良いものは世代を超えて評価されるのでしょうね。高級感溢れる他のポケモンカードとは異なるゲットカード…皆様も興味があれば是非手に入れて眺めてみてくださいね!制作時期の異なるカードの角の違い(丸いタイプと尖ったタイプ)などの違いを見つける事も面白いですよ。