ポケットモンスター 明治 ポケモン チョコスナック ゲットカード

● ポケットモンスター 明治 チョコスナック ゲットカード

今も昔も変わらないのは、子供達のお小遣いの金額であると思います。昭和の時代と比較するのはお門違いですが、平成初期と令和初期ではそこまで変化はないかと思います。子供達のお小遣いは毎月決められており限られております。その中で子供ながらに必死にやりくりして、ポケモンカードやカードダスから御目当てのポケモンのカードを自分で引いて手に入れる事は非常に困難です。しかも光り物のキラキラしたカードを手に入れる事はトレードなしでは中々難しいものでした。その様な中で気軽にキラキラの光り物カードを入手できる、こちらのポケモンチョコスナックは、子供達の救世主的存在であったのかもしれません。カードダスでキラキラを出すより、確実に光り物を手に入れられますし、300円もするポケモンカードゲームは、おいそれと何個も買える金額ではありません。一方、ポケモンチョコスナックは100円ですし、子供達が比較的手を出しやすい金額設定であった事も子供達から支持を得られた大きな要因であったのかもしれませんね。

画像のカード左側は、無印放映時の最初期に投入されたゲットカードになります。対して右側のカードは金銀法会時に投入されたゲットカードです。光り方やカードの四角などの変更があり、特にポケモンのイラストの大きさが、かなり変わりましたね。金銀時代の方がインパクトもあり、カードの光り方もレリーフ調で更に高級感を感じられるようになりました。

市場では最初期のタイプのカードをよく見かけますが、金銀時代のカードになると見かける機会がぐっと減ります。ムービーシリーズも状態の良いものは、年を追うごとに見かけなくなりました。こちらのシリーズは、私もかれこれ10年ほど収集しているのですが、年々入手が難しくなっている感じがします。今後もコンプリートに向けて収集を継続していくつもりですが、その前に軍資金が枯れてしまうかもしれません。長い目で見ながら収集をしておりましたが、そろそろ本格的に動かないとマズイ環境になってきた感じです。

ゲットカードの画像を追加で掲載いたしました。綺麗に仕上げられている表面や丁寧な解説、ポケモン情報などを盛り込んでいる箇所など見どころ満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です