ポケモンパン ポケモン ピカチュウのクレープ蒸しケーキ  第一パン

●ポケモンパン ポケモン ピカチュウのクレープ蒸しケーキ  第一パン

●ポケモンパンのクレープパンシリーズは、かなり古い時代より発売され続けられております。無印の頃から今に至るまで、不定期ではありますが発売され続けられているロングセラーパンの1つです。
パンは蒸しケーキの上にクレープ生地が被されており、蒸しケーキの中にクリームやジャムなどが入っているパンとなっております。。売価も昔から若干高めの価格なのですが、子供の周りでもこちらのパンはシリーズは好評で、放課後のスーパーでのパン争奪戦争では、すぐにこちらのシリーズは売り切れていた事を覚えております。毎回、クレープ生地にピカチュウのイラストが掲載されており、それがそのままパッケージイラストになっている仕様は、遊び心がありますよね。ポケモンパンの中でとても素晴らしいシリーズであると思います

ポケモンパン ポケモン  ロトムのクリームスティック 第一パン

●ポケモンパン ポケモン  ロトムのクリームスティック 第一パン

こちらのクリームスティックパンは、ロトムのどこをモチーフにしたのか、さっぱりわからないパンでした。しかしながら、パン自体は美味しく、2、3回購入した記憶があります。この頃はパンのパッケージ裏に点数が無く、ポケモン毎日げんきだもんキャンペーンが行われていなかった為、キャンペーンが開催される際には、パッケージ全面にキャンペーンシールなどが貼られる様になっておりましたね。

ポケモンパン ポケモン  プチメロン ポケモンのカード入り 第一パン

●ポケモンパン ポケモン  プチメロン ポケモンのカード入り 第一パン

前回ご紹介した「プチカレー」と同じく、こちらのパンもデコキャラシールの代わりに、ポケモンカードがオマケで封入されていたパンになります。
この頃は、今の様にポケモンカードがそこまで盛り上がっている時期ではありませんでした。その為、こちらのパンも売り場で見かける頻度が多かったです。ポケモンカードをしておらず、デコキャラシールをメインで収集している層に対して、こちらのパンは購入対象から外れていた気がします。今同じ様な形式で発売されたら、即売り切れでしょうね。

ポケモンパン ポケモン ミュウツーのチョコデニッシュ 第一パン

●ポケモンパン ポケモン ミュウツーのチョコデニッシュ 第一パン

前回ご紹介した「ポケモンなかよくデニッシュ」は2個で100円でしたが、こちらはデニッシュパン1個で100円に変更され発売されました。(サイズは、なかよくデニッシュと比較して、やや大きかった気もします。)まだ、なかよくデニッシュパンシリーズが廃止品となって5〜6年しか経過していない中での発売でしたので、かなり衝撃的でした。パンが1つ丸々無くなって売価も上がるとは…。

ポケモンパン ポケモン みんな元気でチョコクロワッサン 第一パン

●ポケモンパン ポケモン みんな元気でチョコクロワッサン 第一パン

ベストウィッシュ期に発売された「クリームクロワッサン」は可愛らしいパッケージであったのに対し、こちらは勇ましいゼクロムの下に御三家とピカチュウが描かれたボーイッシュなパッケージとなっております。
チョコクロワッサンが男の子をメインターゲットとし、クリームクロワッサンが女の子をメインターゲットにしていたのかもしれませんね。

ポケモンパン ポケモン みんな元気でクリームクロワッサン  第一パン

●ポケモンパン ポケモン みんな元気でクリームクロワッサン  第一パン

こちらのクリームパンは、パッケージがイーブイとその進化先のポケモン達で描かれた賑やかなパッケージでベストウィッシュ期に発売されました。
中身は、クリームのクロワッサンが5つとデコキャラシールが2枚入っておりました。

ポケモンパン ポケモン 元気チョコクロワッサン 第一パン

●ポケモンパン ポケモン 元気チョコクロワッサン 第一パン

デコキャラシールを多く手に入れる為には、今も昔もこちらの「ポケモン元気クロワッサン」シリーズは外せないパンですね。クロワッサンが6つとデコキャラシールが2枚入っている豪華な仕様でした。その分売価も180円前後と、若干他のパンより高かったのです。それでも1度に2枚のデコキャラシールが入手できる点は子供ながら非常に魅力的に感じ、よく両親におねだりしておりました。
今でもこちらのクロワッサンシリーズは発売されているのですが、クロワッサンが6つから5つへと変更されており、価格も200円以上になっております。色々と第一パンさんも企業を回していくための諸事情があるのでしょうが、流石にパンの数を減らして、シールを劣化させて売価を上げるのはちょっと…。昔のように「子供に夢を与え楽しんでもらえるパンを作る」と言った正義感の強い考え方から「いかに売り上げを出すか」と言った目先の利益を追い求める企業へと変わってしまった感じがします

ポケモンパン ヤナッキーのメロンパン 第一パン

●ポケモンパン ヤナッキーのメロンパン 第一パン

ポケモンパンではお馴染みのレギュラーパンとして「メロンパン」はこれまでも数多くの種類のパンが発売されてきました。ベストウィッシュ期では「ヤナッキーのメロンパン」として発売されました。ヤナッキーの体色とメロンをイメージさせる色彩がマッチしておりますね。しかしながら、カメックスのカメロンパンより、統一されていたメロンパンの大きさが、ここにきて横に広がり一回り以上小さくなりました。それに加えて売価も100円から20円以上も高騰してしまいました。加えてデコキャラシールも更に小さく薄くなり始めるという、負の連鎖が止まらない時期でもありました。原材料やデコキャラシールの素材の高騰など、様々な要因が考えられますが、価格を上げてシールも劣化させてパンも小さくするのは、流石にどうにかならなかったのでしょうか。

ポケモンパン ポケモンなかよくデニッシュ クリーム 第一パン

●ポケモンパン ポケモンなかよくデニッシュ クリーム 第一パン

こちらのパンは、前回ご紹介した「ポケモンパン ポケモンなかよくデニッシュチョコ 」の姉妹品と言うべきパンでした。パッケージに掲載されているポケモンがヒトカゲからゼニガメへと変更されており、パンの中身もクリームになっておりました。こちらのパンも非常に長い間発売され続けました。
こちらのデニッシュパンは、どちらのパンのパッケージイラストにも共通してピカチュウ、ヒトカゲ、ゼニガメの目が開いていないイラストが使用されておりました。何かしらの意図があったのかなぁなどと、パッケージ片手に懐かしのポケモンパンについて思いを巡らせております。

ポケモンパン プチカレー ポケモンカード 第一パン

●ポケモンパン プチカレー ポケモンカード 第一パン

これまでポケモンパンとポケモンカードのコラボ商品などは、発売されていなかったのですが、この時期からちょくちょくコラボパンが発売され始めました。
シークレットカードの封入やそれぞれのカードにポケモンパンのロゴ入りなど、細部にポケモンパンコラボのオリジナル要素が散りばめられておりました。第一パンさんの気合の入り具合が垣間見えるパンでした。ただ唯一残念な点は、光物のカードがラインナップされていなかった点です。後に封入される様にはなるのですが、やはり光物が当たる特別感が有るのと無いのでは、カードが当たる時の高揚感が違ってきますよね。最初のコラボパンであったからこそ、特別な光物のキラ仕様カードをシークレットとして封入して欲しかったですね。