ビックリマン 黎元老守 エラーシール BM ロッテ

●ビックリマン 黎元老守 エラーシール BM

私の幼い頃のビックリマンと言えば、2000シリーズと超元祖第31弾・32弾、そしてBMシリーズです。私はその当時の今風な2000のフルCGイラストを駆使した画風も好んでおりましたが、レトロでビックリマンらしさの残る画風の超元祖シリーズ、過去弾の復刻であるBMシリーズの方にどハマりしておりました。クラスの男の子達の中では2000シリーズを収集している子供達が多かったのですが、それでも超元祖やBMシリーズを収集している子供達も少なからずおりました。同じビックリマンシリーズで人気が二分される程、クラスではビックリマンが大人気でした。更に学校へはビックリマンシールを持っていけない為、私はクラスの友人らと一緒に「ドッキリマン」なるものを作り、厚紙をビックリマンサイズに揃えてイラストを描いて遊ぶなど毎日がビックリマンに染まっておりました。
そんな中、俗にエラーシールと呼ばれるシールをクラスの男の子が内緒で学校に持参してきました。確かスーパーゼウスの名が半分カットされているものであったと思います。その日からクラスのビックリマン熱は以前よりも増して強くなり、通常のシールをわざと切断し、エラーシールを作成したりする友人や私達が作成していたドッキリマンの中にもエラーシールの様なものを作成するなど、本当に皆がエラーシールを欲しておりました。結果的にはスーパーゼウスのエラーシールは入手出来ず「魔性ネロ」と、こちらの「黎元老守」の二枚しか入手出来ませんでした。それでも、シール一枚であそこまで夢中になり、必至に収集して情報を交換し合い、友人と遊べた事は今でも忘れることは出来ない大切な思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です