遊戯王 デュエルモンスターズ Curse of Anubis -アヌビスの呪い-(カース・オブ・アヌビス)

● 遊戯王 デュエルモンスターズ Curse of Anubis -アヌビスの呪い-(カース・オブ・アヌビス)

幼い頃の私は、数えきれない程こちらのパックを購入した経験があります。なぜなら、こちらのカース・オブ・アヌビスには「人造人間-サイコ・ショッカー CA-00」が封入されているからです。
サイコ・ショッカーのカードは、場の「罠(トラップ)」カードを発動出来なくさせる効果を持っていました。当時の対戦環境においてこの「罠」カードの使用を制限できる効果は、非常に強力でした。また、サイコ・ショッカーは、召喚時の生贄コストも1体であり、攻撃力がなんと2400もありました。その為、当時デッキを組む上では、必須とも呼べるカードでした。しかしながら、こちらの弾には、サイコ・ショッカーと同レアリティの「バスター・ブレイダー CA-51」や「寄生虫パラサイド CA-03」罠カードの「連鎖破壊 CA-06」などのカードが多数収録されていた為、お目当てのサイコ・ショッカーのカードを引き当てる事が本当に難しかった記憶があります。

(左がウルトラパラレル仕様・右がシークレットレア仕様)

(原作では遊戯が使用しており、人気も高いカードなのですが…やはりサイコショッカーの魅力の前では見劣りしてしまいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。