ポケモンパン ニョロトノのドキドキメロンパン 第一パン

● ポケモンパン ニョロトノのドキドキメロンパン 第一パン

私とポケモンパンとの出会いは『カメックスのカメロンパン』なのですが、残念ながらパッケージは手元にありません。手元のメロンパンのパッケージで一番古いタイプがこちらの『ニョロトノのドキドキメロンパン』になります。その為、今回はこちらのタイプのメロンパンをご紹介させていただきます。
ロゴはアドバンスジェネレーション時代の物になりますが、発売は金銀時代です。このニョロトノのメロンパンは非常に長い期間、パッケージ変更なく発売され続けておりましたね。子供には少し大きいサイズのメロンパンが一つと、デコキャラシール1枚のスタイルも今日まで継続されております。(メロンパンの大きさは、小さくなりましたが…)しかし1つだけ大きな変更点があります。それは、売価です。今となっては1つ110円以上で販売されております。割引後の値段でなければ100円を切るポケモンパンは、今のご時世にありませんもんね。この事は非常に悲しい事です。私が幼少期の頃は、蒸しパンなど1つ60円と比較的安く買えたこともあり、お菓子の代わりによく食べたものです。その蒸しパンでさえも今では、100円を超えてしまいます。子供にとって100円という金額は、おいそれと出せる金額ではないですよね。今の子供達にとってシール集めは、私達の幼少期と比較すると結構キツいのではないでしょうか。
こちらのパッケージは購入した当時のままなので、記載されております賞味期限から察するに05年頃ですね。貼られております売価シールの値段は税込105円…。(故郷のデパートトキハにて購入した事が伺えますね笑)
05年から15年余り経過した今では、110円以上…令和の時代のメロンパンは、15年後にどれくらいの売価になっているのか気になりますね。合わせて、中身のパンのサイズやシールの材質なども今後どのようになっていくのか気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です