ポケモン カード ひかるリザードン 旧裏

●ポケモン カード ひかるリザードン 旧裏

旧裏面シリーズの中でも国内外問わず、かなりの人気を誇るカードがこちらの「ひかるリザードン」になります。リザードンというキャラクター人気の高さと「ひかる」シリーズの希少性の高さ(とにかく封入率が低くく、発売当時は見かける事自体が滅多に出来ないカードでした)から人気が今なお高いカードです。
こちらの様な「ひかる〇〇」と呼ばれるカードが初登場したのは、2000年に発売された拡張パック「ポケモンカードneo 目覚める伝説」(neoシリーズの拡張パックでは、第3弾に該当)にて初めて封入されたカードシリーズです。ひかるポケモン枠には「コイキング 」と「ギャラドス」の2体のカードが採用されました。
こちらのひかるリザードン は、次の弾に当たる「ポケモンカードneo 闇、そして伝説へ」の拡張パックに封入されたカードでした。リザードンの他には「セレビィ」「バンギラス」「ミュウツー 」「ライチュウ」「カブトプス」「ハガネール」「ヨルノズク」の計7体のポケモンが高レアリティ枠の「ひかるポケモン」として封入されておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。