遊☆戯☆王 メタルキャッチ メタルカン バンダイ

●遊☆戯☆王 メタルキャッチ メタルカン バンダイ

今回ご紹介している遊戯王のメタルカンシリーズの玩具は、20年ほど前によく玩具屋に通っていた経験を持つ方ならば、誰しもが一度は目にした事がある玩具ではないでしょうか。何故、一度は見た事があるのではと話したかと言うと、実はこちらの商品…発売当初から全く売れておりませんでした。それは、当時6〜7歳程の子供であった私ですら『コレはいらないなぁ』と感じたほどです。
こちらの玩具は、よくレジ前や遊戯王カードを置いてある棚付近に他のトレーディングカード類と混ざってドカッと積まれておりました。その為、遊戯王カードはかなりの勢いで売れていく反面、どうしてもこちらのメタルカンが山積みになっている光景が目に留まりました。同じ様に、一向に売れる気配が感じられないまま放置されていた光景は、当時至る所の玩具店で目にしておりました。(今回、掲載している画像の物も2005年ごろのハローマックさんの閉店セールにて50円程で叩き売られていた物です)
何故あまり子供達に注目されなかったのかと言うと、遊戯王カードと比較して単純に初期投資が高く子供達には敷居が高い商品であったからだと思います。遊ぶためには1800円のスターターセットを購入しなければならず、メタルカンを増やす為には、1パック300円のブースターを買わなければなりませんでした。一応、他のメタルカンシリーズ(デジモン)と互換性はあったのですが、私の周りでは誰も遊んでいおりませんでした。
また、スターターを購入していざ遊び始めてもメタルカンのイラストに向かって磁石の塊をぶつける仕様の為、どうしてもメタルカンのイラストが剥がれたり傷が付いたりしてしまうなどの問題も起こりました。合わせてメタルカンは、単体で遊ぶ事ができなかった点も子供達が食い付かなかった要因の1つに挙げられるかと思います。
現在では、東映遊戯王時代の玩具の相場が上昇している波に乗る形で、こちらのメタルカンもそこそこの値段で取引されている光景を目にします。無駄に132種類もある為、コンプリートは至難の業と言えます。叩き売られていた際に、まとめて購入しておけば良かったと後悔している玩具です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です