ゲームボーイ 任天堂 カエルの為に鐘は鳴る

●ゲームボーイ 任天堂 カエルの為に鐘は鳴る

こちらのゲームは1992年に任天堂さんより発売された、RPG(ロールプレイングゲーム)です。
今回ご紹介している「カエルの為に鐘は鳴る」は、今でも根強いファンが多い作品となっております。『ゲゲッ!?』や『ア〜レ〜!!』など、ユニークなテキスト文やテキストのサイズが大きく表示されるなど、プレイしていてゲーム内の物語に感情移入しやすくなっている工夫が施されております。また、登場するキャラクターも可愛らしく、ストーリーも個人的には非常に好みである為、今でもたまに3dsにてVC(バーチャルコンソール)版をあそんだりしております。
しかしながら、こちらの作品は、戦闘がオートバトルとなっておりプレイヤーは一切操作する事が出来ません。更にゲーム内において経験値の概念がないため、経験値を稼ぐなどと言った王道のRPGスタイルとは異なる点が多く、好みが分かれる作品でもあると感じます。
今遊んでみてみると、ストーリーやグラフィックなど確かに物足りないと感じる箇所が多々散見されますが、1992年に発売された事を考えると、テキストに変化を持たせた事やアクション時の操作性、「人間・ヘビ・カエル」の形態を使い分けて物語を進行していく謎解きアクションやゲーム内のBGMなどなど…かなり良く出来た作品であったと感じます。サクッと遊べる程よいボリュームのRPGをお探しの方は是非一度プレイしてみて欲しい作品です。ザブーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です